俳優の大泉洋(47)、ムロツヨシ(44)が4日、都内で映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)の完成報告会見に参加。同作ではなく「『キングダム』に出たかった」と発言するなど、自由に発言し、笑わせた。

【写真】“福田組”でお馴染み!橋本環奈の肩に手を置くムロツヨシ

 本作は、中国・後漢時代に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』をオリジナル脚本で映像化。『今日から俺は!!』などを手がけた福田雄一監督がメガホンをとり、劉備役の大泉、諸葛亮役のムロのほか、黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、孫権を岡田健史、周瑜を賀来賢人、黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月、趙雲を岩田剛典、貂蝉を渡辺直美、曹操を小栗旬が演じる。

 福田組に初参加となった大泉。アドリブ連発の撮影現場を思い返すと「映画よりも、なぜか知らないけど『水曜どうでしょう』に近いなって思いました。追い込まれていく感じが」と苦笑い。

 ムロも福田組に馴染んでいたエピソードを披露。出演者の現場入りの時間などが書いてある香盤表について「洋さんが出るシーンに○をつけ忘れた。洋さんは休みのはずが、都内から呼び出されていました」と暴露。大泉は「主演に○をつけ忘れるなんて前代未聞。そこに○をつけないなんてなんなんだ。僕が来た時に福田雄一は爆笑してましたから。『来た、来た』と」とボヤきながらも「そのおかげで橋本環奈ちゃんに会えた」と無理やり自分を納得させていた。

 北海道から立志し、東京で大作映画の主演を務めた感慨を語るも、役どころは大泉を生き写したようボヤき連発という“新解釈”の劉備。大泉は「本来であれば大変、喜ばしい役なんですけど今回の劉備がカッコよくない…。正直なことを言うと『キングダム』に出たかったな。出してくれって言ったけど『役がない』って言われた」と本心をぶっちゃけながら笑わせていた。