俳優の大泉洋(47)、ムロツヨシ(44)が4日、都内で映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)の完成報告会見に参加。豪華キャストが勢ぞろいできず、パネルだらけの完成報告になったため、2人のボヤきは止まらなかった。

【集合ショット】パネルで登場した12人の豪華俳優陣に挟まれる大泉洋&ムロツヨシ

 本作は、中国・後漢時代に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』をオリジナル脚本で映像化。『今日から俺は!!』などを手がけた福田雄一監督がメガホンをとり、劉備役の大泉、諸葛亮役のムロのほか、黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、孫権を岡田健史、周瑜を賀来賢人、黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月、趙雲を岩田剛典、貂蝉を渡辺直美、曹操を小栗旬が演じる。

 本来なら豪華キャスト勢ぞろいと行きたいところだが、コロナ禍や多忙なスケジュールもあり、この日は大泉とムロの2人だけ。代わりにパネルが運び込まれた。大泉は「パネルですか? ムロツヨシはいるよね?」とぽつり。ムロは「ムロツヨシはいます。隣からは…」と同調し、「新解釈の記者会見という、こちらの解釈でよろしいですか?」と関係者に確認し、笑わせた。

 ナットクのいかない大泉は「大事故ですか? 全員来たら豪華ですよ。結果、俺とムロツヨシしか来てない。いいんですよ、この映画は僕が主役ですし、2番手がムロくん。でも、これでは、俺とムロがヒマに見える。俺らだけ来られたように見える。(小栗や賀来は)忙しそうだから来なそう」とボヤき「申し訳ないけど、高橋努はスケジュールがあると思う。努は、これを見たら悲しむと思う」と続けて笑わせた。

 また、オファーを振り返った大泉は「プライベートで仲がよかった福田監督から相当前になりますけど『実は三国志をやりたい。洋さんにはボヤく劉備をやってほしい。何やっても文句ばっかりの劉備って面白くないですか』と。それならできそう」と明かした。そして「ずっとボヤいてますからね。とってもぴったりな役でしたね」と役作り不要な役だったという。

 一方のムロも福田監督から「ムロくんにぴったりの役がある。諸葛亮孔明」と直接オファーされたそう。天才軍師役に喜んだムロだったが、福田監督は「違うの。『新解釈・三国志』はムロくんと一緒で何もできないのにできる人の知恵とか人脈を頼って成功していく人。ムロくんにぴったりだから!」とやり取りを回顧。ムロは「どうやら福田雄一からはムロツヨシというのは、いろんな人の知恵や力を借りてのし上がっていく人間みたい」と首をかしげながらも役について語っていた。

 そのため、2人とも事前準備は、ほとんどしなかったそう。台本がなかなか届かなかったそうだが大泉は「読んだら、前の日でもよかったという台本だった。私だもん(笑)。そのまま」と笑っていた。