『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』スタッフトークイベントが5日、都内で行われ、深澤敏則監督、脚本の村山功氏、キャラクターデザイン・作画監督の板岡錦氏、内藤圭祐プロデューサーが登壇した。

【写真】板岡錦氏が描き下ろしたイラスト

 2004年『ふたりはプリキュア』でスタートしたアニメ『プリキュア』シリーズは、18年に15周年を迎え、18年秋の映画では「アニメに登場する最も多いマジカル戦士の数」でギネス世界記録に認定。映画シリーズ28作目となる今作は、『スター☆トゥインクルプリキュア』『HUGっと!プリキュア』『ヒーリングっど◆プリキュア』(◆=ハート)3世代のプリキュア13人が集結し、プリキュアたちが「今日の世界」に閉じ込められてしまう物語となっている。

 新型コロナウイルスの影響で、2度の延期を経ての公開となったことから、板岡氏が「個人的には、今回の映画は公開されないと思っていました。ネットで配信かなと覚悟はしていました。ただ、実際、作った身としては、デカいスクリーンで見てもらうために描いたので、公開されてよかったです。自分たちは(作品と)近すぎるから、本当に面白いかどうか、判断しかねるんですよ。みんなが感想で『おもしれー』って言ってくれるまで確信を持てなかったので、本当にありがとうございます」とかみしめるように感謝を伝えた。

 内藤氏も「ようやく公開にこぎつけたのも、みなさまのおかげで、感謝しかございません。プリキュアは年に2本、短いサイクルで量産していくのですが、2度の延期によって、春映画に関わっている時間が2年くらい長くなりました。かなり愛着がわきまして、こうして公開できることを大変喜ばしく思っております」と感謝。「春映画のひとつの大きなミッションは、まず新シリーズが魅力的に映ること、好きになってもらうこと。次に映画デビューするお子様が映画の楽しさを味わってもらうこと、そこから決め込んでいきました」と明かしていた。