今週(10/23~10/29)のYouTubeチャートは、2週連続で女性シンガー・LiSAの「炎」(ホムラ)が1位となった。視聴回数は1468.2万回(前週比6.8%減)と若干前週を下回ったものの、高水準をキープし続けていることに変わりはない。同曲が主題歌となっている「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開17日間で興収157億円を突破しており、この勢いはまだまだ続きそうだ。

【動画】TWICEの新作、エレクトロ・ポップソング「I CAN'T STOP ME」

 初登場で4位となったのは、9人組ガールズグループ・TWICEの「I CAN'T STOP ME」(視聴回数:605.1万回)。韓国デビュー5周年を迎えたTWICEの2ndフルアルバム『Eyes wide open』のタイトル曲で、どこか懐かしさを感じさせるエレクトロ・ポップソング。今年チャートインしたTWICE楽曲としては、33位にランクイン中の「MORE & MORE」(5/29~6/4:視聴回数583.6万回)を上回る最高の週間視聴回数を記録している。

 7位のシンガーソングライター・米津玄師「感電」は前週より1つ順位を落としたものの、視聴回数では355.2万回(前週比14.8%増)となった。7月に「春雷」のミュージック・ビデオの再生回数が、13作目の1億回を突破しており、本作も1億回再生が目前に迫っていることから、視聴回数アップにつながったものと推察される。ちなみに、「感電」も収録されたアルバム『STRAY SHEEP』(2020年8月5日発売)の累積売上は150万枚(11/9付)を突破している。

 9位は13人組ボーイズグループ・SEVENTEEN「HOME;RUN」(視聴回数:284.1万回)。初登場でTOP10内にランクインした。10月19日にリリースしたスペシャルアルバム『; [Semicolon]』のタイトル曲。ミュージック・ビデオでは、メンバーたちがレトロ感溢れるセットで、ミュージカルのようなパフォーマンスを披露している。今年、YouTubeチャートにランクインしたSEVENTEENの楽曲は本作で6作目となるが、TOP10入りは初となる。週間再生数でも、これまでで最高だった「Left & Right」(6/26~7/2:視聴回数135.1万回)を大きく上回った。