テレビ朝日がワーナー・ブラザース・インターナショナル・テレビ・プロダクション(WBITVP)と手を組んで、不朽の名作サスペンスをよみがえらせる、ドラマスペシャル『逃亡者』が、12月5日(土)と6日(日)の2夜連続で放送される。このたび、すでに出演が発表されている、妻殺しの容疑を晴らすため逃亡する主人公のエリート外科医・加倉井一樹役の渡辺謙、加倉井を執拗に追い詰める警視庁広域捜査班班長・保坂正巳役の豊川悦司の2人を取り巻く、キャストが一挙発表された。

【動画】ハリウッド進出を果たした豊川悦司のインタビュー映像

 『逃亡者』は1963年~67年にかけてテレビシリーズとして世界を席巻し、1993年にはハリソン・フォード×トミー・リー・ジョーンズのタッグで映画化され、またまた世界中で大ヒット記録を打ち立てた、往年のサスペンスアクション。今回のドラマ化にあたっては、物語の舞台を現代日本に移して再構築。最新科学捜査を盛り込んだスリリングな追跡劇や真犯人探しの謎解きはもちろん、《追う者VS追われる者》が織り成す人間ドラマを骨太に描いていく。

■敵か味方か!? 逃亡者・渡辺謙にかかわる多彩な人物

 事件の犠牲者となる加倉井の妻・陽子を演じるのは、夏川結衣。長く連れ添う間にいつしかすれ違ってしまったものの、心の底では夫を愛し、支え続けてきた控えめな妻・陽子を、夏川が繊細に表現する。

 逃走中、加倉井に手を差し伸べる美しき後輩医師・松崎美里を稲森いずみが演じる。美里が加倉井を助けるのは単なる尊敬からなのか、それとも…!? 優秀な医師としての顔と、その内に秘めたひとりの女性としての葛藤を、稲森が浮かび上がらせていく。

 加倉井の親友でもある医師・宮島光彦に杉本哲太、同期の医師・石森卓に村田雄浩が決定。硬軟いずれも巧みにこなす2人が、それぞれの存在感を最大限に発揮する。

 そして、逃亡中の加倉井の窮地を救う“謎の女”米本花江役に余貴美子。ワケあって警察を嫌う花江は、“ある打算”から加倉井をかくまうが、彼女は敵なのか、味方なのか…!? そして加倉井との邂逅は、彼女の悲しい人生に何をもたらすのか…!? 渡辺と余、熟練の2人ががっつり向き合ったシーンは、見る人の胸に深い印象を残すに違いない。

 元警視庁警部補・大磯智久役で宇梶剛士、逃走中の加倉井が立ち寄った、古着店の店主・大久保礼芸(れげー)役で火野正平が出演する。

■豊川悦司率いる追跡チームは、タフで優秀な精鋭ぞろい

 豊川ふんする《追跡者・保坂正巳》率いる“警視庁特別広域捜査班”のメンバーを演じる精鋭は次のとおり。

 『M 愛すべき人がいて』での熱演も記憶に新しい三浦翔平が、FBI帰りの若きキャリア捜査官・鴨井航をスタイリッシュに体現。

 『特捜9』(同局系)でクールビューティーな監察医でおなじみの原沙知絵はメンバーの中で唯一、保坂の過去を知る柏木弥生を颯爽と演じる。

 さらに、元競泳日本代表で劇団四季でも活躍した藤本隆宏、演劇の衣装デザイナーとしても活躍している岩男海史ら、異色の経歴を持つ新進俳優たちもチーム入り。その濃いめ(!?)なキャラクターを存分にアピールし、特別広域捜査班を鮮やかに編成。アクションにも果敢に挑んでいる。

 また、加倉井を逮捕し、義手の男と争ったという加倉井の主張を、作り話だと決めつけた警視庁捜査一課・刑事、浅野和志役を篠井英介が演じる。