俳優の香川照之が、当選率99%を誇る 凄腕選挙コンサルタントに扮するドラマスペシャル『当確師』(今冬テレビ朝日系で放送)に主演することが発表された。『ハゲタカ』シリーズで知られる真山仁氏の同名小説が原作。香川は「選挙の裏側にさまざまな根回しが存在することはわかっていたつもりだったのですが、それを“生業”とされている方がいるのが驚きでした」と、この作品との出会いに衝撃を受けたことを告白している。

【写真】原作者の真山仁氏

 一方、「選挙とは、血を流さない戦争と言われています。史上稀に見る異常な米国大統領選挙が行われたこのタイミングで、『当確師』がドラマ化されるのは、運命なのでしょうか。『当確師』を見れば、選挙を見る目が変わります」と、コメントを寄せたのは、原作者の真山仁氏。

 真山氏が創り出したのは、聖達磨(ひじり・たつま)という“怪物”。圧倒的な存在感と見る者を引き込む濃厚な演技で、出演作すべてに強烈な印象を刻んできた香川が、敗色濃厚な選挙戦でも、必ず当選させる男を熱演する。

 さらに、「政治家という重い立場の人たちの横で仕事をしていても、決して政治家には見えないよう、若干の“うさんくささ”というものを出すべきではないか」 と 、深く考察する。「しゃべり方からだいぶ “謙虚さ”を引いて演じています」とニヤリと笑顔を浮かべて明かすだけに、本作でもインパクト大人の演技を私たちにたっぷり見せてくれそうだ。