2021年早春に公開されるアニメ『新テニスの王子様 氷帝 vs 立海 Game of Future』のキービジュアルが4日、解禁された。あわせて新キャストも公開され、玉川よしお役を榎木淳弥が担当する。

【画像】立海の次期部長は爽やかイケメン!ロブが得意な玉川よしお

 同作は、人気漫画『テニスの王子様』の原作者・許斐剛氏が完全監修したアニメ新シリーズのオリジナルストーリーで、これまで原作でも描かれることのなかった、跡部景吾率いる氷帝学園中等部と幸村精市率いる立海大附属中学校、強豪校同士の対戦カードを描くもの。2021年にアニメ放送20周年を記念して、前篇&後篇の2作品構成で公開される。

 アニメ初登場となるキャラクター・玉川よしおは、立海テニス部の次期部長。立海の先輩たちだけでなく、氷帝や青学などの先輩達もリスペクトしている2年生で、仲間想いのリーダー気質で明るく前向きな性格だが、石橋を叩く慎重さを持つ、ロブが得意なプレイヤー。

 そんな玉川を演じる榎木は「アフレコはこれからなので、玉川よしおがどんな人間か、どれほどの能力があるのかはまだ未知数な部分も多いのですが、『テニスの王子様』のシリーズに参加させて頂けるということで、自分に出来る精一杯の力で臨みたいと思います! よろしくお願いします!」と意気込んでいる。

 『テニスの王子様』は1999年から2008年まで『週刊少年ジャンプ』、09年から第2シリーズ『新テニスの王子様』として『ジャンプスクエア』で連載がスタートしたテニス漫画。コミックス累計発行部数は6000万部を突破し、01年にはテレビ東京系でアニメ化もされて多くのファンを獲得。その人気は衰えることなくイベントや映画化などが行われてきた。