大みそかをもって活動休止する人気グループ・嵐が3日、配信ライブ『アラフェス 2020 at 国立競技場』を開催した。デビュー21周年記念日である11月3日、ライブイベント以外にも正午から配信企画、午後4時半からは2部構成ライブを実施。元々予定されていた東京・国立競技場でのライブは“配信”という形に切り替わったが、これによって多くのファンによる同時視聴可能となり、SNSでは配信前から嵐関連のワードが1日を通してトレンドを席巻した。

【写真】大野智作品展より…初お披露目となる巨大細密画

 配信開始前の午前中から『#嵐の日』がツイッタートレンドで早くも1位に。“嵐コール”を意味する『#あ_ら_し』や『#アラフェス』、『#ARASHI』、『#嵐21周年』はもちろん、『#相葉すごろく』、『#嵐に質問』、『#智のカレー』、『#絵しりとり』など企画に関するものなど本編前から盛り上がりをみせた。またライブ本編で披露された『#Sugar』や『#Monster』。そして、人気ユニット『#大宮SK』なども話題に。なお、『#嵐の日』の1位はライブ終盤の午後9時頃まで続き、その後もまた1位に返り咲き、1日にわたってつぶやかれ続けていた。

 2部構成でされた今回のライブでは午後4時半からの「PART1」が嵐ファンクラブ(FC)会員限定配信、午後7時半からの「PART2」は一般の人も視聴可能の配信に。またこの日12時から『生配信だヨ!嵐会』と題して、FC向けの配信企画も実施。まさにファンにとっては丸一日、“嵐一色”の記念日となった。

 本編終了後のFC向け配信のなかでは嵐から年末の活動休止以降のファンクラブ継続も発表。これに伴い、「FC継続」「ファンクラブ継続」もトレンド入りし、「みんなおめでとー!! FC継続ありがとー!!」「みんなおめでとー!! FC継続ありがとー!!」と感謝と祝福の声が相次いだ。