俳優の大泉洋(47)、ムロツヨシ(44)が4日、都内で映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)の完成報告会見に参加。大みそかのNHK『第71回紅白歌合戦』(後7:30~後11:45※中断ニュースあり)で白組の司会を務める大泉洋は「大変光栄」と笑顔を見せた。

【集合ショット】パネルで登場した12人の豪華俳優陣に挟まれる大泉洋&ムロツヨシ

 この日は、作品に関する質問に限られたが“しろ”をまとめる役という水を向けられた。ムロが「白をまとめる役ですか! 頑張りたいと思います」とニヤリ。大泉は「お前は関係ないよ」とツッコミながら「紅白に出ることになりまして。早く聞いてくれねぇかなって思った」と満面の笑み。

 続けて「大変、光栄な気持ちではありましたけど、プレッシャーでね。やっていいものかと1日、悩みました」とにっこり。さらに「毎年、毎年、元気づけられて次の年を迎えた。今度は私が皆さんに元気を」と意気込みを口にしたが「これ、NHKで言いたいことだな。あまりここで言いたくない。NHKはいつになったら会見やってくれるんだ」と最後はボヤきになり、笑わせた。

 本作は、中国・後漢時代に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』をオリジナル脚本で映像化。『今日から俺は!!』などを手がけた福田雄一監督がメガホンをとり、劉備役の大泉、諸葛亮役のムロのほか、黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、孫権を岡田健史、周瑜を賀来賢人、黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月、趙雲を岩田剛典、貂蝉を渡辺直美、曹操を小栗旬が演じる。