人気グループ・V6がデビュー25周年記念日を迎えた1日、“聖地”東京・代々木第一体育館で無観客配信ライブ『V6 For the 25th anniversary』を開催した。

V6のTV出演情報

 1995年11月1日、代々木第一体育館でデビューを飾ったV6は、10周年、20周年と節目のたびに同所でライブを開催してきた。25周年の今年は新型コロナウイルスの影響で配信となったものの、記念日をファンと一緒に迎えた。V6の“6”、25周年の“25”にちなみ、午後6時25分からスタートしたライブは、演出もセットリストもメンバーの意見を出し合って作り上げたという。

 オープニングでは、デビュー当時のライブ直前の映像が流れる。原宿駅方面から歩道橋、そして会場の中へとカメラが進むと、セットが何も組まれていないアリーナで6人が「Right Now」を歌う。そして、ステージが作られていく様子が早送りで映し出されると、生で歌う6人のライブ映像へとスイッチ。“始まりの場所”を感じさせる演出で幕を開けた。

 アリーナ床面にはLEDを敷き詰め、楽曲の持つ世界観を表現。雰囲気の異なるステージを設置するなど空間を最大限に利用し、花火などのド派手な特殊効果や文字が浮かび上がるAR演出も。リアルタイムのライブ映像と、事前収録された映像とが調和した演出で、1つの作品としてのライブ配信を作り上げていった。

 MCでは、6人でデビュー直前のことを回想。井ノ原快彦は、坂本昌行の「楽しもうね」という言葉がずっと心に残っていたと話す。続けて岡田准一は「お客さんがいなくても頑張っていこうね」と緊張で震えながら言っていたと、大げさにブルブルと手を震わせながら坂本のまねをしてみせ、笑いを誘った。

 25年前はどれほどのファンが集まるかもわからなかったが、実際には原宿駅までびっしりと観客で埋め尽くされた光景を、6人は今でも忘れられないという。森田剛は「あのことがあったからやってこられた、またあの景色が見たいと思って頑張れた」と感慨深げだった。

 また、今回のライブのために制作されたうちわとアクリルスタンドを取り出した井ノ原は、長野博のアクリルスタンドをタンブラーの中へ入れて、「いいダシが出る」と大笑い。三宅健が「そんな使い方する人いないよ」とツッコむと、当の長野は「でもキレイ!」とうれしそう。最後は末っ子の岡田が「回収しま~す」と切り上げ、微笑ましい関係性を感じさせた。

 アニバーサリーライブといえば、デビュー曲や誰もが知るヒット曲を連発するベスト盤のようなセットリストが王道。しかしV6は「今のV6を見せたい」と、最新シングル「It’s my life/PINEAPPLE」(9月発売)を含め、近年発売した楽曲を中心に構成した。

 「KEEP GOING」(2018年)、「Super Powers」(2019年)など疾走感あふれる楽曲や、全編英語歌詞の「All For You」、水面上で6人がコンテンポラリーダンスを披露する「TL(Instrumental)」など、伸びやかな歌声と変わらぬ身体能力で魅了した。

 V6はこれまでに“聖地”代々木第一体育館で101公演を開催してきた。井ノ原が「今回を102回目ではなく、新しい1回目にしたい」と語った言葉が象徴するように、“攻め”の姿勢を忘れないV6は新しいチャレンジでファンを楽しませた。