『NIKKEI STYLE Men’s Fashion』と『MEN’S EX』が共催する「ビジネスや自分のフィールドで情熱を持ってチャレンジし、時代を変えていく才能や志を持つ人」を表彰するアワード『SUITS OF THE YEAR 2020』の授賞式の模様が5日、公式ホームページで公開された。

【写真】第1回『SUITS OF THE YEAR』を受賞した田中圭と萩野公介選手

 日本では初めてのフルバーチャルのアワードとして、煌びやかな都会の夜景をCGで演出した今回の授賞式。高度な技術と洗練された表現力でグリーンバックからリアルな情景が作り出された。このCG夜景をバックに“チャレンジをし続ける”5人の受賞者がスーツを着て登場。動画では受賞者全員が並んでいるように見えるものの、新型コロナウイルスの対策として、実際の撮影はグリーンバックで受賞者1人ずつ収録した。

 「ビジネス部門」では、オイシックス・ラ・大地株式会社代表取締役社長・高島宏平氏、日本環境設計株式会社取締役会長・岩元美智彦氏の2人。「イノベーション部門」では、慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授・宮田裕章氏。「スポーツ部門」では、プロフリークライマー・楢崎智亜さんが受賞。そして、「アート&カルチャー部門」では、女優・鈴木保奈美が、日本人女性としては初めての受賞となった。

 高島氏、岩元氏、宮田氏の3人には『NIKKEI STYLE Men‘s Fashion』の松本和佳編集長から、楢崎さん、鈴木の2人には『MEN’S EX/MEN’S EX ONLINE』の平澤香苗編集長から「SUITS OF THE YEAR クリスタルトロフィー」が贈呈された。

 トロフィーを授与された鈴木は「『SUITS/スーツ2』というドラマを今年1年ずっと撮影しておりまして、私にとっては“2020年=スーツ”という1年になりましたので、その1年をまさに象徴する賞をいただくことができて大変うれしく思っております」とコメント。

 平澤編集長から、普段スーツを着るときにエレガントに見えるよう心掛けることを聞かれ「難しいですね…。究極は場数かなと思います。恐れずにどんどん着ていくうちに自分のものになっていくんじゃないかなと思います」と笑顔で答えた。

 そして、来年に向けてどういったチャレンジをしていきたいか問われると「何に対しても自分の取り組み方を更新していくというか、ドラマにしても映画にしても、どういうスタイルで、自分自身の心身の状態もどういう状態で取り組んでいったらより良いパフォーマンスができるか、というのは毎回チャレンジだと思っています。休暇の過ごし方や睡眠のとり方、食事の仕方とかも、いろいろ試していくということが自分の幅を広げることに繋がるかなと思います」と語っていた。

 5人へのトロフィーの贈呈が終わると、昨年の受賞者を代表して、元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗氏が登場し「受賞者の皆さま、誠におめでとうございます。皆さんの素敵なスーツや時計を見て、僕自身も身だしなみを整えるということの大事さをあらためて感じることができました。また、皆さんは想いをもって行動されているからこそ、さらに光り輝いているんじゃないかなと思っています。僕自身も今年度はニュース番組のコメンテーターや、Bリーグ応援キャプテン、いろんなチャレンジをしていますが、そこに満足し続けることなく、この時代が見えない中で、チャレンジし続けるということを大事にしていこうとあらためて思うことができました」と祝辞を述べた。

 また、総評を担当したファッションディレクターの森岡弘氏は「コロナ禍の中で、スーツを着る機会は減っていくと思います。ただ、スーツはビジネスシーンだけのものではありません。土曜日・日曜日、仕事を離れたときもスーツを着ていただきたい。ぜひ、皆さん、スーツ、そして、スーツの着こなし、もっともっと楽しんでいただきたいと思います」とメッセージを送っていた。

※高島宏平氏の「高」は「はしごだか」。
※楢崎智亜さんの「楢」は正しくは「八」の部分が「ソ」、「崎」は「たつざき」。