毎回ゲストを「司会者」として迎え、出演者である内村光良(56)とさまぁ~ずの大竹一樹(52)、三村マサカズ(53)を相手に、その場まかせの展開で送る脱力系成り行きバラエティー『内村さまぁ~ず SECOND』のシーズン6が、11月2日よりスタート。今回は前後編に分けて「芸人魂を懸けた本気勝負を挑む令和芸人はしご旅!!」と題して、MCにビビる大木を迎えて、内さまがぺこぱ、宮下草薙、ティモンディ、ゾフィー&ザ・マミィ、ハナコと対決する(後編は16日配信)。

【全身ショット】念願の『内さま』出演への喜びを語ったぺこぱ

 今回は、第7世代の令和芸人と内さまの3人が、芸人魂を賭けた本気勝負で「まだまだオジサン達も負けてないぞ!」という所を視聴者に伝えるべく、令和芸人をめぐり勝手に採点。「ノリツッコまないボケベルトコンベアー対決」「ノリツッコまないボケクッキング!」に挑戦したぺこぱに共演の印象を聞いた。

――内村さまぁ~ずの3人、ビビる大木さんと共演してみて?

【シュウペイ】とにかく楽しかったです! また出たいと思ったし、バシッとツッコまれるのが新鮮で、自由にやれてよかったです!

【松陰寺太勇】すごく楽しかったです。あっという間でした。途中、誰もツッコミがいなくなり本当に皆さんボケたがりなんだなーと思いました。

――.今回の企画「ノリつっこまない対決」の感想や手応えについて

【シュウペイ】なんでもありの状況な感じがして迷いとかなくできましたー!

【松陰寺】皆さんがやっているのを見て、自分はすごく難しい事をしているんだなーと実感しました。時を戻してまたやりたいです。

――お2人にとって、内村さん・さまぁ~ずさんという存在はどういったものでしょうか?

【シュウペイ】子供の頃からテレビで見ていた、好きな芸人さんと一緒に仕事してるのが信じられなかったです! 面白いしやさしいし親せきのおじさんって感じが、とても居心地よくてすごく楽しかったです。

【松陰寺】ずっとテレビで見てた憧れの人です。いつもやさしくてくれてありがとうございます!! 内さまライブのオーディションに落ちまくって頃の自分に、共演している未来を伝えてあげたいです。

――ぺこぱさんにとっての“理想の先輩芸人像”はなんでしょうか?

【シュウペイ】先輩と言うよりかは、僕自身“軍団”に憧れてたので自分が先輩として、シュウペイ軍団を作って後輩に腹いっぱいご飯を奢ってあげたりしたいと思ってたから、今それができていてうれしいです。

【松陰寺】シュウペイにどストレートのツッコミをしてくれる人です。僕が相方にツッコむより早くストレートツッコミをしてくると、いつもと違う笑いが生まれて楽しいです。なのに、僕より早くツッコんでしまった事を謝る人がいます。ブラマヨの小杉竜一さんと東京03の飯塚悟志さんです。

――番組冒頭では内村さんとさまぁ~ずさんが「理想的な令和芸人4ヶ条」を発表していましたが、ぺこぱさんはどんな後輩芸人さんが理想ですか?

【シュウペイ】ご飯だけでも毎日一緒に食べてくれる後輩ですね。

【松陰寺】本番では、自分のボケにたくさん笑ってくれて、カメラの回ってないところでは、キャラではない松井勇太として接してくれる後輩。

――次回『内さま』に出るとしたら、どんな企画をやりたいですか?

【シュウペイ】ロケやモノボケ対決をやりたいです。

【松陰寺】まだ、内村さんにシュウペイポーズをしてもらってないので、それを実現できる企画をやりたいです。

――今のブレイクへの実感、今年中にやっておきたいことなどありますか?

【シュウペイ】テレビで見てた芸能人の方が僕のこと知ってたり、シュウペイポーズしてくれたりするのが信じられないので、テレビの影響力のすごさを実感してます!

【松陰寺】もっとお客様の前で、ネタができる環境が増えたらいいなと思います。