EXILE ATSUSHI(40)が、11月2日をもってグループとしてのEXILEの活動を卒業し、ソロ活動に専念することが明らかとなった。「Your eye's only~曖昧な僕の輪郭~」(2001年9月27日)でデビュー以来、EXILE ATSUSHIとして約200曲を歌い、11枚のオリジナルアルバム制作、15回のライブツアー開催など、不動のヴォーカリストとして牽引。来年のデビュー20周年を前に、40歳の節目に大きな決断を下した。

【写真】10年ぶりの丸刈り頭を披露したEXILE ATSUSHI 金髪姿も

 2020年は、新型コロナウイルスの影響もあり、多くのアーティストにとって変化を迫られる年となった。ATSUSHIも本格的な海外活動として、ブルーノ・マーズらの音楽プロデュースチーム「1500 or Nothin’」とアルバム制作の契約を交わし、着々と準備を進めていたが、ストップを余儀なくされた。

 従来通りのパフォーマンスができず、自身が40代に突入したことも重なり「自分の人生の時間は有限であることを痛感させられ、アーティストとしてもそうですが、一人の人間として、40歳以降の今後の自分の人生について、どう生きていくべきかを考えるようになりました」と決断。一人の歌手として原点に戻り、再び音楽と向き合う決意が固まり「このたびEXILEという僕のすべてを育ててくれたグループでの活動に一区切りをつけ、卒業しソロ活動に専念する決意をいたしました」と報告した。

 「僕にとってのEXILEは、21歳でデビューした時からずっと人生のすべて」と語るATSUSHI。「毎年年末になれば、EXILEと共に年を越し、EXILEと共に春を迎え、EXILEと共に夏を過ごし、EXILEと共に秋を過ぎ、そしてまた、EXILEと共に冬を越してきました」とグループへの愛着を明かし、約20年の活動を「無謀とも言えるようなスケジュールを全速力で突っ走ってきたように思います」と振り返る。

 新たなステージへの挑戦を決意し、「40歳というのは、歌手として挑戦できる最後のタイミング」と位置づける。「80歳まで健康でいられたとしても、60歳まで毎年ツアーができたとしてもあと20回できるかどうか。もし本当にそうであるのならば、これからの歌手生活、歌手人生において悔いのない20回のツアーをやり遂げたいと思っています」と、さらなる活躍を誓った。

 これまで、ダンス&ボーカルグループとしてのEXILEからは、2013年にEXILE HIRO、2015年に松本利夫、EXILE MAKIDAI、EXILE USAが卒業したが、現在もEXILEとして活動を続けている。ATSUSHIもソロアーティストとして、一人のEXILEとして、EXILEを背負い、新たなEXILEの在り方を表現していくため、国内はもちろん、海外での活動にもより力を入れていく。

 これまでも形を変え、進化を続けてきたEXILEは、EXILE AKIRA、EXILE TAKAHIRO、橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI、EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディー、世界、佐藤大樹の14人新体制で再始動を果たす。卒業したメンバーたちの想いを受け継いでいくという決意とともに、新たなEXILEを表現しようと、心を一つに強く結束を固めている。

 EXILE ATSUSHIが参加するラストシングル「SUNSHINE」は、あす3日0時より配信開始され、12月16日にCDとしてリリース。今月4日には、4枚目となるオリジナルアルバム『40 ~forty~』が発売される。

■EXILE ATSUSHIのコメント全文

いつもEXILEを応援してくださっている多くのファンの皆様へ

いつもEXILEをあたたかく応援していただきありがとうございます。今日は皆さんに僕からの大切なお知らせがありますので、ご一読いただければ幸いです。

2001年に21歳でJ Soul Brothersに加入し、2001年9月27日EXILEとしてデビューしてから約20年、今年、僕自身は40歳になり、EXILEは来年20周年を迎えようとしています。

そんな中、新型コロナウイルスにより世界中が経験したことのない社会状況になり、改めて自分の人生を振り返る時間にもなりました。同時に、自分の人生の時間は有限であることを痛感させられ、アーティストとしてもそうですが、一人の人間として、40歳以降の今後の自分の人生について、どう生きていくべきかを考えるようになりました。

これからの生き方に真剣に向き合って考えた結果、2020年、40歳という節目の年に、一人の歌手として原点に戻り音楽と向き合う活動を新たにスタートするという決意が固まり、このたびEXILEという僕のすべてを育ててくれたグループでの活動に一区切りをつけ、卒業しソロ活動に専念する決意をいたしました。

なぜ、このような決断をすることになったかの細かい心模様の変化や、心境に関しては11月12日に出版させていただく書籍『サイン』に想いの全てを書かせていただきましたので、ここでは割愛させていただきたいと思います。

今回、僕が抜けることでEXILEの形はまた新しく変わることになります。形を変え、進化していくこと。これは自分たちが決めたEXILEのあり方であると共に、EXILEの宿命でもあります。

ダンス&ボーカルグループとしてのEXILEでのパフォーマンスは、これからは14人のメンバーが中心となって「EXILE」を表現していくことになりますが、今でもHIROさんも、MATSUさん、USAさん 、MAKIDAIさんも、EXILEであり続け、19人のEXILE一人ひとりがそれぞれ、別の場所で、別の方法でEXILEを背負い、EXILEのあり方を表現しています。こういう存在の仕方が今までのアーティストの形にはない、"EXILE"というあり方なのだと思います。

僕にとってのEXILEは、21歳でデビューした時からずっと人生のすべてでした。毎年年末になれば、EXILEと共に年を越し、EXILEと共に春を迎え、EXILEと共に夏を過ごし、EXILEと共に秋を過ぎ、そしてまた、EXILEと共に冬を越してきました。

この約20年間の活動の中で、気づけばこれまでにグループだけでも約200曲もの楽曲を歌い、11枚のオリジナルアルバムを出し、15回のツアーを開催して、そこにソロの楽曲115曲、ソロツアー3回という、無謀とも言えるようなスケジュールを全速力で突っ走ってきたように思います。

それもこれも全ては、応援してくださるファンの皆さんがいてくださったからこそ、乗り越えることができたことです。本当に今でも心から感謝しています。

本当にありがとうございます。

今後も必要な時は、僕も作詞や作曲、楽曲の方向性など、いつでもHIROさんやメンバーと話し合いながらEXILEの楽曲を一緒に作り上げることに協力したいと思っていますし、これからも誇りを持ってEXILEのメンバーの一人として生き続けていきたいと思っています。

次のステージへと進化するために、40歳というのは、歌手として挑戦できる最後のタイミングではないかと感じています。あと何回ツアーができるのか、あと何曲の歌を世に送り出すことができるのか。80歳まで健康でいられたとしても、60歳まで毎年ツアーができたとしてもあと20回できるかどうか。もし本当にそうであるのならば、これからの歌手生活、歌手人生において悔いのない20回のツアーをやり遂げたいと思っています。

そしてすでにブルーノ・マーズなどを手がける音楽プロデュースチーム「1500 or Nothin’」ともアルバム制作を契約し、海外での活動の準備をしていましたが、一度この新型コロナウイルスによってプロジェクトがストップしていました。しかし、今また少しずつ動きを再開させています。今後の海外での活動を本格化させるのも、いろいろなことを学びながら吸収し、成長していくことも、これからもずっと続けていくことではありますが、大きく羽ばたく時はこのタイミングしかないと感じました。

40歳からの新たな挑戦を機に、長年心の中で想っていた夢や、人としての生き方、個人としての活動などを通して、自分自身の人生をさらに一歩前に進めたいと感じています。きっと今後のソロでの音楽活動や、慈善活動など僕の活動をご覧いただくことで、少しずつですがその意味など、ご理解いただけるのではないかと思っています。

20年間の経験や学びはアーティストとしてだけでなく、社会というものを少しだけ理解しはじめたり、自分が生きるこの世界の仕組みを学ぶことになりました。だからこそ、ここからが、僕の本当の人生のはじまりだと、今は本気でそう思っています。

歌という僕の祈りが1人でも誰かのためになれることを願って歌い続けたいと思いますので、これからのEXILE、EXILE ATSUSHIをあたたかく見守っていただけたら、嬉しく思います。

2020年11月2日
EXILE ATSUSHI