吉本興業は11月1日、全国の吉本の劇場収容率を最大80%に引き上げて公演を開催。東京・新宿のルミネtheよしもとでは同日、客席を77%(354席)まで引き上げ、ネタ公演『土日祝11時45分の部』を開催した。

【写真】ルミネtheよしもとに出演した人気芸人たち

 この日の舞台に出演したのは、タカアンドトシ(タカ、トシ)、かまいたち(濱家隆一、山内健司)、ウーマンラッシュアワー(村本大輔、中川パラダイス)、とにかく明るい安村、銀シャリ(鰻和弘、橋本直)、アインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)、ミキ(昴生、亜生)の面々。

 トップバッターを務めたアインシュタインは「たくさんお客さんに入っていただきまして」「久しぶりの光景ですね」と感慨深くなり、笑い量が今までの倍になったと大喜び。タカトシが安定感抜群の漫才を見せつければ、安村は「安心してください。履いていますよ!」の人気ネタでお客さんの心をわしづかみにした。

 銀シャリはアドリブも飛び出すやりとり、ミキはおなじみの兄弟ゲンカ漫才を披露。ウーマンは村本の一人喋りにパラダイスがツッコミを入れ、かまいたち山内は登場するなり、お客さんにとんでもない質問を投げかけるなど、コロナ前と変わらない爆笑を巻き起こした。

 スペシャルコメディでは、石田靖、シベリア文太、水玉れっぷう隊・ケン、カートヤング、三瓶、ピクニック、赤松新、シューレスジョー、シマッシュレコード、エグスプロージョン、スパイク・松浦志穂、光永が出演。笑いあり、音楽あり、ダンスありの構成で、来場した観客を大いに楽しませた。

 終演後、アインシュタインの稲田は「登場したときの景色が全然違うというのがあって、見たことはないんですけど、100万ドルの夜景よりきれいでしたね」と大満足。かまいたちの濱家は「全然笑いの量が違いましたね。ワーッとくる感じに厚みがあって、やっていて気持ち良かったです」、ミキ昴生も「吉本は感染対策しっかりしています。ぜひ来てください」と来場を呼びかけた。