独特のセンスが光る仮装をテーマに楽しむ『地味ハロウィン(地味ハロ)』が本日31日、二子玉川にて開催。全3部制(入れ替え制)で行われる地味ハロだが、6年目の今、時事ネタを取り入れた、ニッチな姿の参加者が顔を見せた。

【地味コス傑作選】威圧感ハンパない! 「練習を抜け出してきた女子プロレスラー」

 地味ハロは、派手な仮装ではなく、地味でリアルな仮装をして楽しむハロウィンイベント。そのため、職場や学校、街中で見かける人など、通常のハロウィンではあまりしない仮装に身を包んだ参加者たちが続々と来場している。

 会場はもちろん、Twitterでも大きな支持を集めているのは、『向かい風』の地味コス。向き風に立ち向かうようなサラリーマンの図で、吹き飛ぶネームタグなどもリアル。「ネクタイをメガネにくっつけて、スーツには針金を縫い込むなど、躍動感あふれた仮装を実現」したとのこと。Twitterでは、「パントマイムみたい」「新しいヒーローかと!」という絶賛の声が集まっていた。

 また、『マスクのゴムが切れて誤魔化してる人』も、現在のコロナ禍ならではの扮装。「昼飯で出た際にゴムが切れて、『社に戻ればマスクの予備あるし、しゃべらなきゃこのままでオッケーでしょ』と、そのまま手で押さえてる様子をイメージした」とのこと。

 一方、これも街でよく見かける『ライトついちゃってる通行人』。スマホのライトがオンになっていることを気づかない当人の様子が、まさに“あるある”。この扮装をした人は「1年間温めてきた秘蔵の仮装ネタ」だと明かす。地味ハロ参加の感想についても、「僕が一番地味だと思って参加したら、僕より地味な人がいっぱいいて良かった」と語っていた。

 地味ハロウィンは全3部制。11時から19時まで開催され、多くの地味ハロ愛好家が参加している。