人気のアニメキャラや魔女、ゾンビといった定番の仮装ではなく、地味だがとんちのきいたおもしろ仮装をテーマに楽しむ『地味ハロウィン(地味ハロ)』が、本日31日、二子玉川ライズにて開催。

【伝説地味コス】会場ざわつく…「SNSで知り合った男に初めて会いに来た女」の仮装

 派手な仮装やパーティーは恥ずかしいが、仮装はちょっとやってみたい。そんなおもしろがりな地味ピープルのためのハロウィンと銘打っているだけあって、参加者はもちろん、スタッフもいい塩梅の地味仮装で臨んでいる。

 『マイバック持ってるのにレジ袋を買ってしまった人』に扮したスタッフは、実体験から仮装を選んだそう。「“こういうこと、あるある”と思ってもらえたら。買い物の量の多さで、エコバッグ持ってたのに袋を買っちゃったうっかり具合をアピールした」とのこと。

 ほかにも、『コロナ禍でもお客様満足を目指す飲食店店員』に扮したエプロン姿のスタッフや、白衣姿で『ポケモンはかせ』を表現するスタッフも。参加者も含め、コロナや現在の時勢をうまく生かした仮装が多いようだ。

 毎年、大きな盛り上がりを見せる渋谷などのハロウィンは自粛傾向にある今年。そんななかで開催された『地味ハロウィン』だけに、仮装に身を包みながらも、スタッフたちの感染対策も余念がない。開場に入る前には、検温と消毒を徹底。密を作らないような対策もなされ、訪れた参加者が安全に楽しめるような配慮がされていた。

 3部制(入れ替え制)となっており、第1部が11:00~13:00、第2部が14:00~16:00、第3部が17:00~19:00で行われる。