9人組グローバルガールズグループ・NiziUが30日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後9:00)に初登場し、司会のタモリや嵐、あいみょんら共演者と初トークを繰り広げた。

【写真】NiziUが『Mステ』初出演後に記念写真をツイート

 冒頭でタモリから紹介されたNiziUは「せーの、We NiziU! 私たちNiziUです、よろしくお願いします」と元気いっぱいにあいさつ。タモリは「そろってますねー」と笑顔を見せた。

 リーダーのMAKOは「私たちのあこがれであった『ミュージックステーション』にこうやって出させていただいて本当にうれしいです。今回メンバーのミイヒが体調を戻すために休んでいるんですけれど、ミイヒが笑顔で戻ってくるまで、私たち8人で頑張ります」と休養を発表しているMIIHIの不在を説明し、「ミイヒと私たちNiziUの応援、よろしくお願いします」と視聴者に呼びかけた。

 NiziUを輩出した1年におよぶオーディション『Nizi Project』でのメンバーごとの名場面もたっぷり紹介。西川貴教は「朝の有酸素(運動)のとき、朝の番組でよく皆さんを拝見していたんですけど、笑い泣きしちゃって、走りながら泣いていた」と感情移入しながら見ていたことをメンバーに伝えた。

 嵐の松本潤が「一番大変だったことは?」と聞くと、AYAKAは「ミッション多かったんですけど、ミッションごとに不安とかいっぱいありました。みんなで励ましあいながら頑張っていました」と回顧。日本に帰国する前にはプロデューサーのJ.Y.Park氏から「いろんな音楽番組に出ると思うから、自信を持って自分らしさを出してステージを楽しんできて」と声をかけられたことをNINAが明かした。

 また、タモリから韓国合宿で印象的だったことを聞かれ、MAYAは「ミイヒのサプライズ誕生日パーティーをしたときに、みんなでケーキを作ったりして、みんなでお祝いしたのがすごく印象的です」と振り返った。

 VTR企画の『鬼リピートしている女性歌手の曲TOP10』では、あいみょん「裸の心」、YOASOBI「夜に駆ける」、LiSA「紅蓮華」を抑え、NiziUのプレデビュー曲「Make you happy」が1位に選ばれた。

 メンバーが“鬼リピ”している楽曲も紹介し、RIOが「あいみょんさんの『ハルノヒ』が親子そろってとても大好きで、お母さんとカラオケに行ったら必ず歌います」と打ち明けると、髪をバッサリと切ってショートボブにイメージチェンジしたあいみょんは「お母さん、ありがとうございます」と喜び、嵐の松本が画面の向こうのRIOのお母さんに向けて満面の笑みで手を振る大サービス。

 RIMAは「私は小さい頃から嵐の皆さんが出演されている番組やパフォーマンスを家族で拝見させていただいていて、『Happiness』がすごく好きです」と語ると、櫻井翔「うれしいですね」とにんまり。二宮和也「大ヒットソングですからね」と自画自賛していた。櫻井はこの日披露した「Party Starters」の最後にNiziUの振りまねも入れ、視聴者を沸かせた。

 NiziUは初出演にしてトリを務め、YouTubeのMV再生数1.5億回を突破し、“縄跳びダンス”で一大ブームを巻き起こしている「Make you happy」をハツラツと披露。この日もMIIHIパートのみ本人の音源を使用した。MAYAは「初めての出演ですごく緊張したんですけど、みんなですごく楽しくステージができました」と笑顔をみせ、全員で「ありがとうございました」と声をそろえた。