テレビ朝日系で放送中の黒柳徹子のトーク番組『徹子の部屋』(月~金 後1:00~1:30)。11月5日放送回のゲストは、ジャニーズ“イチ”運動神経が良いと言われているグループ、A.B.C-Zの河合郁人と塚田遼一。2人は2013年にグループのメンバー5人で出演して――楽屋からスタジオまでノンストップでDVDデビュー曲「Za ABC〜5stars〜」のパフォーマンスを繰り広げて以来、7年ぶりの出演となる。

【写真】ホストの黒柳徹子

 後輩のHey! Say! JUMPに先を越されるなど、デビューまでにたくさんの悔しい思いをしてきたA.B.C-Zのメンバー。昭和生まれの河合と塚田は当時、心が折れそうになったとか。さらにHey! Say! JUMPのライブで前説をしたことがあり、その時のことは悔しすぎて記憶が曖昧だったという。

 地道な活動が実を結び、最近ではグループとしても、主演映画『オレたち応援屋!!』の公開や、東京・日本青年館ホールで上演した『オレたち応援屋!! on stage』で成功を収めるなど大活躍。

 中でも河合と塚田はバラエティーでブレイク中で、ジャニーズが好き過ぎるあまり先輩の特徴をとらえたモノマネで話題の河合は、今回、黒柳のリクエストに応じて、得意なジャニーズモノマネを惜しみなく披露。そのうちのいくつかのモノマネについては徹子さんから「似てると思う!」とお墨付きをもらうことができた。さらに、大先輩の近藤真彦のモノマネも初公開。本人と仲の良い黒柳の反応はいかに?

 塚田の家族とのエピソードや河合のジャニーさんの思い出話も語りつくし、クライマックスでは「応援屋」として、黒柳を応援する一幕も。2人には大先輩からのサプライズメッセージも届くなど、盛りだくさんな内容の30分間となっている。

■収録後の河合&塚田のコメント

【塚田】ちょっと緊張しましたけど、徹子さんとお会いして、『徹子の部屋』に出させてもらいました!

【河合】前回のこともちゃんと 覚えてくださっていたのがすごくうれしかった。いろんなことを2人でお話しして…

【塚田】たっぷり話しましたよ!

【河合】僕のジャニーズモノマネもやって。レパートリーのレギュラーメンバーはほとんどやったんじゃないかと。

【塚田】すごくやったよね! 河合の全部を!

【河合】何個かは似てるというコメントをいただきました。

【塚田】どこにも披露していない新作モノマネもあるよね

【河合】(笑)これが 視聴者の 方にどう伝わるか楽しみだね。塚ちゃんも家族の話だったり、ジャニーさんの話もいろいろしたね。

【塚田】深いところまでね!