女優の北川景子(34)が2日、都内で行われた映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(13日公開)完成報告イベントに登壇。9月7日に第1子女児の出産を発表して以来、初の公の場となり、笑顔で登場した。

【全身ショット】ママになってもスタイリッシュな衣装を着こなす北川景子

 MCから「ご出産おめでとうございます」と祝福を受けると北川は「ありがとうございます!」と満面の笑み。綾野剛からも「おめでとう!」と拍手をもらい、会場も温かい雰囲気に包まれた。

 そして、公開を前に「いろんなことがあった年ですが、登壇できて、公開できるのがうれしいです。感謝の気持ちでいっぱいです」と口にしていた。

 北川と夫のDAIGO(42)は、2016年1月に結婚。今年4月に妊娠を発表した。北川は、出産後「先日、無事に第一子となる女児を出産いたしました。おかげさまで母子ともに健康です。元気に生まれてきてくれたことに幸せを感じています」とつづり「出産まで支えてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」とブロブで報告していた。

 中山七里氏のクライム・サスペンス小説が原作の同映画。物語は、終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生し、犬養隼人(綾野)と高千穂明日香(北川)が捜査に乗り出す。すると、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医者にたどり着くと、犬養の一人娘・沙耶香が安楽死の依頼をしてしまう。ドクター・デスの目的と正体を追う、2人の刑事の挑戦が描かれる。