俳優の佐藤健が『東京ドラマアウォード2020』の助演男優賞を受賞。29日、都内で行われた授賞式に出席。TBS系ドラマ『恋はつづくよどこまでも』では、S医師・天堂浬役で多数の女性ファンのハートをつかんだが、受賞スピーチで心境を吐露する一幕もあった。

【動画】『恋つづ』共演・上白石萌音への思いを告白する佐藤健

 司会の石坂浩二から「あの役はなかなか大変ですよね」と、ねぎらいの言葉を掛けられると、佐藤は「エネルギーもいりますし、世の女性を胸キュンさせるというミッションを課せられたのですが、女心が分かるかというと難しいものがある」と本音をポツリと漏らしつつ「プロデューサーの方に『どうしたらいいのか』と、シーンごとに聞きながらやらせていただきました」と振り返った。

 主人公・佐倉七瀬を演じた上白石萌音とのタッグも好評で「彼女を見ていると、自然と魅力的な女性だな、かわいいなと思うことができたので、そういう意味では、すごく芝居はやりやすかったです」と感謝。毎回話題となった“ドSセリフ”については「普段、言えないことを芝居を通してやらせていただけるという意味では、楽しくやらせていただきました」と笑顔で話していた。

 同アワードは『国際ドラマフェスティバルin TOKYO 2020』のメインイベントとして開催され、作品の質の高さのみならず“市場性”“商業性”にスポットをあて、『世界に見せたい日本のドラマ』のコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性の高いドラマを表彰する。

 そのほか、個人賞・主演男優賞を生田斗真(『俺の話は長い』)、主演女優賞を黒木華(『凪のお暇』)、助演女優賞を伊藤沙莉(『これは経費で落ちません!』)、主題歌賞をOfficial 髭男 dism(『恋はつづくよどこまでも』)、単発ドラマ部門を『2020年 五月の恋』主演の吉田羊・大泉洋らが受賞した。