古舘春一氏の人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』を舞台化したハイパープロジェクション演劇シリーズ10作目『「ハイキュー!!」“ゴミ捨て場の決戦”』公開ゲネプロが30日、都内で行われ、日向翔陽役の醍醐虎汰朗が出席した。

【動画】大迫力!進化する演劇『ハイキュー!!』の公開ゲネプロ

 2015年11月の初演から、“頂の景色”“烏野、復活!”“勝者と敗者”“進化の夏”“はじまりの巨人”“最強の場所チーム”“東京の陣”“飛翔”“最強の挑戦者(チャレンジャー)”と新作の上演を重ね、常に進化を続けている。

 同演劇は春高3日目・3回戦、永遠の宿敵である烏野高校と音駒高校の全国大会の勝負が描かれる。醍醐のほか、影山飛雄役の赤名竜之輔、孤爪研磨役の永田崇人、黒尾鉄朗役の近藤頌利らが出演する。

 主人公を演じる醍醐は「音駒高校の方々と今回初めて共演しましたが、けいこの段階で空気感や熱量を芝居上でビリビリと伝えてくれるので、それに刺激されて相乗効果になりすてきなシーンがたくさん生まれたと思います」とコメントを寄せた。

 同演劇は、10月31日から東京・TOKYO DOME CITY HALLを皮切りに大阪、宮城、福岡の4都市で上演される。