東映特撮が楽しめる有料アプリサービス「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」で、オリジナルコンテンツ『TTFC産直シアター 仮面ライダーセイバー(仮)』の制作が決定。同時に、この作品の一部となるリモート・エキストラの募集を開始した。みんなで仮面ライダーセイバーを応援しよう!

【映像】謎が謎を呼ぶ『劇場版 仮面ライダーセイバー』の特報

 募集する動画のテーマは「仮面ライダーセイバーを応援するシチュエーション」と「メギドに襲われるシチュエーション」の2つ。両方に応募することも可能で、どちらにも当選する可能性がある。注意事項をよく読んでから応募しよう。

 参加条件は、TTFCの会員であること。年齢性別は不問(未成年者の応募には必ず保護者の了解が必要)。一つのアカウントにつき1名まで。応募した人の中から抽選で合計最大60人に、動画ファイルを投稿するための専用URLの案内が届く。

 「仮面ライダーセイバーを応援するシチュエーション」では、「がんばれ」や「まけるな」などのメッセージを1~2秒程度から、最大10秒以内の動画。「メギドに襲われるシチュエーション」では「たすけて」などのメッセージや悲鳴をあげるイメージを1~2秒程度から、最大10秒以内の動画、いずれもスマートフォンの縦画面(画面に対して、上半身が全て映るくらいの大きさ)で撮影し、規定に沿って動画をアップロードすればOK 。仮面ライダーを含むキャラクター等がデザインされた洋服・カバン等を着用するのはNGとなっている。大事なことだが、当選したすべての人の動画が作品に登場するとは限らない(実際の撮影でエキストラとして参加しても全員が映るわけではないのと同じ)。

 こうして集めたリモート・エキストラによる動画を組み込んで作品を完成させ、今冬にTTFCや東映特撮YouTube Officialで公開される予定。応募期間は、きょうから11月4日午後11時59分まで(※当選者には順次メールで連絡)。動画の投稿期間は、当選通知にて個別に案内される(おおよそ当選通知後1週間)。

■公式サイト
http://tokusatsu-fc.jp/