歌手のTRUEが27日、オンライン上で行われた『Netflix アニメフェスティバル2020』第2部『Netflixアニメ大感謝祭』ミュージックパフォーマンスに登場。テレビアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のオープニングテーマ「Sincerely」、Extra挿入歌「Letter」を歌唱した。

【動画】『ヴァイオレット』の映像美と共に…TRUEの美声が聴けるPV

 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月にテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。

 情緒あふれる豊かな世界観と登場人物の繊細な心情描写、京都アニメーションが制作する美しい映像などが人気を博しており、同時に「泣ける」と話題の作品で中でも第10話はアニメファンの間で屈指の感動回“神回”と呼ばれている。また、9月18日より劇場版も公開されており、ネット上では“感動した”という投稿が多くあがっており、動員111万2417人、興収15億8662万7000円を記録するヒットとなっている。

 この日のライブパフォーマンスでTRUEは、同アニメの曲を披露。彼女の美声とともに、スクリーンには主人公・ヴァイオレットの姿、アニメ映像が流れると視聴者は「反射泣き」「背景が涙腺を殺しにきている」「涙腺崩壊」「ガチでこの歌好き」「鳥肌立つわー」「映画本当によかった…3回目見に行こうかな」「涙出てきた」「美声すぎる…」などと感動の声を続々と寄せた。