ABEMAで放送されたMnetのサバイバルオーディション番組『I-LAND』から誕生し、11月デビューを控えている7人組グループ・ENHYPENが25日、夜明けの7人のメンバーが完全体で集まる過程を収録した2ndトレーラー映像を公開した。

【動画】ENHYPEN「Debut Trailer 2 : Dusk-Dawn」

 25日午前0時に公式YouTubeチャンネルで公開された「Dusk-Dawn」は、メンバーが静かな森の真ん中や納屋、捨てられた車などいろんな場所で、それぞれおびえている表情で椅子にしゃがみ込んでいたり、赤いマントに身をまとっていたり、口の周りに血がついていたり、木にぶら下がっていたりなど秘密を隠し持っているような姿が映し出されている。

 静寂な状態だったENHYPENは鏡の中の自分を見つめ、マントを脱ぎ捨て、勢いよく立ち上がるなど動きを見せ、ついに一つの場所に集まって完全体になる。夜明けから夕暮れまでの空を眺めるENHYPENの姿は長い道のりの序幕が開いたことを予告し、圧倒的なビジュアルで期待を高めた。

 1stトレーラ映像「Choose-Chosen」に続き、2ndトレーラー映像「Dusk-Dawn」も相反する意味のワードで構成されており、このワードがデビューアルバムの重要キーワードになるかと注目が集まっている。

 ENHYPENはCJ ENMとBig Hit Entertainmentの合作法人であるBELIFT LAB所属で、HEESEUNG、JAY、JAKE、SUNGHOON、SUNOO、JUNGWON、NI-KIによる多国籍メンバー7人で構成されたボーイズグループ。BTS、TOMORROW X TOGETHERが所属する韓国の大手芸能事務所Big Hit Entertainmentと、IZ*ONE、JO1らを輩出した『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んだMnetのサバイバルオーディション番組『I-LAND』にてグローバル視聴者投票とプロデューサーの選択で選ばれた。