アイドルグループ・V6のメンバーでありながら、最近では番組MCやCMで、すっかり“いいお父さん”感がにじみ出るようになった井ノ原快彦。ジャニーズタレントでも既婚者は増えてきたが、ここまで“現役アイドル”と“父親”という相反するイメージを、矛盾なく同居させている人はほかにいない。もともと、芸能界屈指の“いい人”として、視聴者から安心感を持たれていた井ノ原。彼がいかにして現在の立ち位置を築いたか、その軌跡を振り返る。

【写真】「全員女優」 既婚者4人になったV6メンバー、美しすぎる妻たち

■グループ内のバランサーとなるも、まだ尖っていたV6初期

 アイドルと“いいお父さん”。ひと昔前なら、同時に貫くのはなかなか難しかったであろうこの2つを、両立してしまっている稀有な存在。それがV6の井ノ原快彦である。

 この秋には、息子のために3年間弁当を作り続けるという“いいお父さん”役の映画『461個のおべんとう』が公開。生命保険や『アリナミン』、最近ではSUBARUの車『アイサイトX』のCMも始まり、若年層女性だけではなく、老若男女を対象とする大企業のCMも任されている。さらには、先日の『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーなど、『あさイチ』MCの任を全うした後も、“いい人”である安心感に担保されたような仕事が続く。12歳のときに芸能活動を始めて現在44歳。V6としてデビューして25周年。アイドルでありながら、“いい人”かつ“いいお父さん”というこの位置に、どうたどり着いたのだろうか。

 「ジャニーズは美少年じゃないとなれない」といった言葉をつきつけられたときに、生前のジャニー喜多川氏がよく例えに出していたのが井ノ原の名前だった。「顔で選ぶんですかとよく聞かれますが、たとえば井ノ原はジャニーズ顔ですか? 彼も朝の番組でがんばっていますが、要は本気で闘っているかどうか」(*1)と語るほどで、たしかにいわゆる“ジャニーズ顔”として多くの人が想像するものとは、離れた顔立ちだ。

 井ノ原がジャニーズ入りした80年代後半は、光GENJIの全盛期。光GENJIをはじめとする先輩のバックの仕事も多く経験し、時にはマイクを持たされ、トークをさせられることも。ジュニア時代から“空気を読む練習”をし続け、場の掴み方を体で学んでいった。

 同世代のTOKIOやSMAPが先にデビューする中、19歳でデビュー。年上組のトニセンと、年下組のカミセンとでV6という構成だったが、年上組の中では1番年下ということもあり、グループのバランサーとなった。ヤンチャなカミセンに乗っかるときもあり、“年上”と“年下”を自由に行き来していた印象だ。当時はカミセン人気が先行した印象だったが、「嫉妬なんてしてたら、たぶん20年もやれてない」(*2)と、あくまで自分のペースで、歩みを進めていった。

 とはいえ、まだこの頃は、「調子に乗ってたかも」「なめられたくないと思ってた。(中略)結局自分に自信がなかったからなんだけど」(*2)と、尖っていた自認があり、今のいい人像とはちょっと遠いところにいた。

 そんな井ノ原の現在のイメージを決定づけたのが、2010年からの『あさイチ』(NHK総合)のMCだ。わからないことは正直にわからないと言い、専門家や偉そうな“キャスター”ではなく、視聴者代表のような立ち位置を貫いた。「自分のおばさん的な心だったり、庶民的な面ってそれまでの仕事ではあんまり求められることがなかったけど、そういうのを全面的に出していい場」(*3)と、自身の中の新たな一面を出していった。

 語り継がれるのが、2017年5月の“ワキ汗回”だ。「女性のワキ汗どう思う?」というアンケートに対して否定的な答えが並ぶ中、「ランキング自体が信用できない」「いいじゃん、人間らしくてね。動物なんだから」と、番組の企画にそのまま乗っかるのではなく、自分の考えもきちんと表明。また、女性に対して年齢や未婚をいじる流れがあると苦言を呈するなど、単に頷くだけの“いい人”ではない、おかしいことがあれば自分の頭で考えてきちんと言う、芯のある姿も垣間見える8年間だった。今のテレビの潮流を少し先取りしていたともいえる、女性や多様性への配慮。一緒にMCを務めた有働由美子も太鼓判を押すほどだったし、メイン視聴者である主婦層にとってみても、理解のある“いい旦那”像として、受け止められることもあっただろう。

 さらに2015年からは、愛川欽也から『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)の司会(あなたの街の宣伝部長)を引き継ぎ、ジャニーズの“先輩”でもある薬丸裕英と共演した。この夏には、『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを担当。NEWS・増田貴久やKing & Prince・岸優太など、ジャニーズの“いい人”の匂いのする後輩たちを引き連れての出演だった。先輩としても後輩としても、その場にうまく適応するのが“イノッチ”なのは、初期のV6の中での立ち位置のようでもある。

 そうして、前述した映画『461個のおべんとう』では、父親役に。関西ジャニーズJr.の“なにわ男子”道枝駿佑の父親役であり、ジャニーズ事務所内で親子のキャスティングができるのも、なかなか稀なことだろう。

 先輩としても後輩としても、空気に馴染む存在としても、あえて壊す存在としても…40歳を越え、まだまだいい兄貴感もありながら、いい父親の雰囲気も醸し出す井ノ原。視聴者に違和感を抱かせず、求められるものに応じて、その位置をシフトさせてきた。

 例えば、視聴者が、木村拓哉が“父親”であることを想起する機会は、これまでなかなかなかっただろう(最近では父親役、そして家族の露出も増えたが)。だが、こと井ノ原快彦に関しては、父親であることが自然に受け止められる。もちろん、井ノ原も妻や子とのエピソードを積極的に語るわけではないものの、それでも視聴者が「きっとイノッチはいいお父さんなんだろうな」と想像できる余地を持たせている。ちなみに、現役ジャニーズタレントで結婚している人は多く存在するが、妻と並んで記者会見を行ったのは井ノ原快彦ただひとりである。

■自分の感覚を大事に築いた、“現役アイドルであり、いいお父さん”という唯一無二の立ち位置

 かつて、憧れのロールモデルは?と聞かれ、「あえて言うなら“自分”です」と答えていた井ノ原。「誰かを目標にするのではなく、自分の培ってきた感覚を大事にしていきたい」と語っていた(*4)。“現役アイドルであり、いいお父さん”という唯一無二の立ち位置は、その意思の結晶なのだろう。

 いい人であれば、周りに染まってしまい、自分がなくなってしまいそうなもの。主張の強い人も多い芸能界の中に約30年もいれば、なおさら“ただのいい人”のまま埋まってしまった可能性もあっただろう。“いい人”“いいお父さん”というパブリックイメージを持たれ、それを崩さずにいながらも、大事な自分の感覚は決して他者に渡さず、貫き通してきた。井ノ原快彦は“強い、いい人”であり、だからこその現在なのである。

(文:霜田明寛)

(*1)朝日新聞 2017年1月24日
(*2)SPA! 2015年8月25日号
(*3)日経エンタテインメント 2015年10月号
(*4)MORE 2015年6月号