歴史作家の今村翔吾氏(36)が16日、小説『じんかん』(講談社)で『第11回山田風太郎賞』を受賞した。

【写真】BUCK-TICK櫻井敦司の息子、芥川賞作家の遠野遥氏

 受賞決定の報せを東京・丸の内のパレスホテルで聞いた瞬間、今村氏は「夢がかないました! 山田風太郎さんは自分の目標ですので、こんなにうれしいことはありません」とガッツポーズ。昨年は『童の神』でノミネートされたものの届かなかっただけに、うれしさもひとしお。所属事務所の会長であるフリーアナウンサー生島ヒロシ(69)からも「おめでとう! 良かったね!」と祝福され、さらに喜びを爆発させた。

 受賞作『じんかん』は仕えた主人を殺し、天下の将軍を暗殺し、東大寺の大仏殿を焼き尽くすなど、『戦国一の極悪人』と言われた松永久秀の真実の生涯を描く。民を想い、民を信じ、正義を貫こうとした青年武将は、なぜ稀代の悪人となったのか――、514ページに及ぶ歴史巨編。

 『山田風太郎賞』は2009年に創設された文学賞。戦後日本を代表する大衆小説作家、山田風太郎氏の独創的な作品群とその作家的姿勢への敬意を礎に、有望な作家の作品を発掘顕彰するために作られた。ミステリー、時代、SFなどジャンルを問わず過去一年間で最も「面白い」と評価されたエンターテインメント小説に贈られる。

 もともとはプロダンサーで30歳から歴史小説を書き始めた今村氏。小説『八本目の槍』(新潮社)が今年3月、『第41回 吉川英治文学新人賞』に選ばれており、現在は大手芸能事務所の生島企画室に所属。メディア出演や講演活動にも積極的に取り組み、今年5月からフジテレビ系情報番組『とくダネ!』、8月からはTBSの報道番組『Nスタ』のコメンテーターもつとめている。