高橋留美子氏の最新作『MAO』のコミックス第6巻が16日、発売された。それを記念して『犬夜叉』の人気キャラクター・犬夜叉(CV:山口勝平)とかごめ(CV:ゆきのさつき)がナレーションを務めるテレビCMの放送がスタートした。

【動画】「犬夜叉、おすわり!」犬夜叉&かごめがナレーション担当のテレビCM

 CMでは、犬夜叉とかごめの「おすわり!」と言った懐かしいやり取りと共に、謎が深まる『MAO』の魅力を伝えている。

 『MAO』は、一度死にかけたことがある少女・菜花(なのか)が、突然、明らかに現代ではない“ふたつの世界が交わる地”で、不思議な少年・摩緒に出会い、壮絶な運命に巻き込まれていくという少年と少女のシリアス怪奇浪漫。『犬夜叉』に続く新たな怪奇浪漫として、昨年5月より『週刊少年サンデー』(小学館)で連載がスタートした。