14日放送のTBS系クイズバラエティー『東大王2時間SP』(後7:00)で、東大王チームの東京大学法学部4年の鈴木光と、文学部4年の林輝幸が来年3月に同番組を卒業すると発表された。

【番組カット】現東大王の鶴崎修功&鈴木光&林輝幸&砂川信哉ら

 「スタンフォードが認めた才媛」と言われる鈴木は2017年4月よりサブメンバー、同11月から正規メンバーに。一方、「文学部の叡智」とされ、“ジャスコ”の愛称で親しまれている林は2019年4月に新メンバー候補、同7月より正規メンバーとなった。

 MCの山里亮太から「ここで光ちゃんとジャスコからお知らせがあります」と話を振られ、鈴木は「私たち2人とも4年生なんですけれど、3月に東京大学を卒業するので、東大王チームも3月をもって卒業させていただきます」と発表した。それを聞いたヒロミは「半年で光ちゃんとジャスコが卒業する…。“光ちゃん”どうにかなりませんか?」とボケるも、すかさず山里から「平等に2人の名前を言ってください!」とツッコまれていた。

 同番組は圧倒的な知能を誇る「知力の壁」東大生チームに、知識と経験には自信ありという芸能人チームが挑む究極の頭脳バトル。知識だけ、ひらめきだけでは勝つことができない超難問クイズが話題となっている。

 番組終了後には、鈴木と林がそれぞれツイッターを更新。鈴木は「来年の3月で東京大学と東大王を卒業します」とし、「いつも温かい応援に感謝しています あと半年足らずとなりましたが皆さんと楽しい時間を過ごしていきたいと思っているので引き続き宜しくお願い致します」と呼び掛けた。林は「#東大王 ありがとうございました。このタイミングでの敗北は痛い……また積み上げます」と反省。そして「卒業まであと半年弱、悔いなきよう頑張れればと思います。まずは卒論を出すところから」と力強く語った。