俳優の中村倫也が14日、東京スカイツリータウンで行われた20日スタートのTBS系連続ドラマ『この恋あたためますか』(毎週火曜 後10:00)制作発表会見に出席した。

【写真】キャスト陣がスイッチを押し、紫色にライトアップされたスカイツリー

 同ドラマは、コンビニエンスストア「ココエブリィ」のアルバイト店員・井上樹木(森七菜)と偶然出会った社長・浅羽拓実(中村)が、ひょんなことからコンビニスイーツの開発をすることになり、次第にお互いを意識し、惹かれあうようになるオリジナル脚本のラブストーリー。仲野は樹木と共にスイーツ開発をする新谷誠、石橋はコンビニ本社の商品部スイーツ課に勤務する北川里保を演じる。

 中村が演じる浅羽は、東京大学を卒業後、eコマースをあつかう外資系ネット通販会社を経て業界シェア最下位の「ココエブリィ」の改革を託される。樹木の知見やアイデアを評価し、彼女の作るオリジナルスイーツで競合他社をしのぎ、自らの成功もたくらむという役どころ。

 中村は「わりと早くチームワークができあがったなあと思っていたんですが、僕以外はそのときはまだ思っていなかったみたいで(笑)。でも、撮影始まって1ヶ月ほど経ちましたが、こんな感じで“ヘラヘラ”とやっています」と仲の良さも見せた。

 役作りについて聞かれると「四角関係なんて言われているんですが、それぞれの違った音が混ざり合っているのが面白そうだなと思ったんです。そういう意味では、浅羽は、少し謎を残した大人。大人になって社会で一生懸命頑張っていると、本音ばかりで話していられませんから。そういう裏腹な面を見せられたら、作品全体が楽しくなっていくと思います」と話した。