俳優の高橋一生が、12月28日から3夜連続で放送されるNHK総合の特集ドラマ『岸辺露伴は動かない』(後10:00)で主演を務めることが分かった。ドラマの原作は、累計発行数1億部を超える荒木飛呂彦氏原作の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』から派生した『岸辺露伴は動かない』シリーズ。高橋は、ちょっと風変わりでリアリティを何よりも重んじる主人公の漫画家・岸辺露伴を演じる。

【画像】高橋一生が演じる岸辺露伴のアニメビジュアル

 コミックス100巻以上、累計発行部数は1億部を超える、荒木飛呂彦原作の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ。「スタンド」と呼ばれる能力を持った登場人物たちが繰り広げるバトルアクション、そしてホラーやサスペンスの要素がつまった独特の世界観に基づく物語は、老若男女問わず、日本のみならず世界的にも幅広い支持を得ており、日本の漫画文化を代表する作品の1つだ。

 その大ヒットシリーズから派生したのが、本ドラマの原作となる「岸辺露伴は動かない」シリーズ。ちょっと風変わりで、リアリティを何よりも重んじる漫画家の岸辺露伴が、取材先で遭遇する奇妙な出来事の数々をホラー風に描く作品となっている。

 主人公・岸辺露伴役は、自らも露伴のファンだという高橋が務め、女性編集者・泉京香役は飯豊まりえが担当する。そのほか、第1話「富豪村」では富豪村の案内役・一究役を柴崎楓雅、第2話「くしゃがら」では露伴と同じ出版社で連載を抱える漫画家・志士十五役を森山未來、第3話「D.N.A」では6年前に交通事故で夫を亡くし、娘の真央と2人で暮らしているインテリアコーディネーター・片平真依役を瀧内公美が務める。また京香が付き合っている写真家で、事故によって記憶を失っている平井太郎役を中村倫也が担当する。