女優の小川紗良、秋元才加、俳優の神尾楓珠が14日、東京・赤城神社で行われた映画『ビューティフルドリーマー』(11月6日公開)のヒット祈願イベントに出席した。

【動画】巫女衣装&長髪カツラで奉納をする秋元才加

 巫女衣装で登場した秋元は「これだけ多くの方が来てくださって、取り上げていただけるのがありがたいのと同時に、巫女衣装がたくさんの人に見られるのが恥ずかしい」と照れ笑い。

 “ヒット祈願”にあわせて神頼みしたことを聞かれると秋元は「コロナ禍もあって、選ばれし人しかテレビに出られないのかなあ…と思って。近くの神社でいつまでもちょこちょこと出られるように願いました」と明かした。

 本作は、日本映画界の監督による野心的な企画と若い才能たちのケミストリーで創造する新レーベル「シネマラボ」の第1弾作品。映画を撮影したことのない先勝美術大学映画研究会の部員たちが「これを撮ろうとすると必ず何か恐ろしいことが起こる台本」という“いわくつきの台本”の映画化を試みるが、部員たちに予期せぬ困難やトラブルが…。映画という“夢”を作るため、すべてをかける青春模様が描かれる。

 自身も大学時代に映画サークルに所属し、監督もしていたという小川は「(撮影の)部室を見た瞬間に『映画サークルの部室だ!』となりました」と大学時代を思い出したようで「当時に引き戻された不思議な日々でした」と充実の表情を見せた。

 神尾は「みんなで悩みながら作った作品なので、公開されるのは感慨深い」と笑顔を見せ「映研でなくても、夢を追っている人とか夢を追っていた人にも当時を思い出してもらえる作品になっていると思います」とアピール。

 本広克行監督は「まさに新人の発掘。経験を積んで大きい舞台に上がってほしい」と今回抜てきされたキャストたちの成長を願い、自身については「脚本から企画開発まで監督が好きなことをやるとお金の計算も必要で…。そこの戦いが面白かったです」と振り返った。

 この日は、藤谷理子、内田倭史、ヒロシエリ、伊織もえ、かざり、池田純矢、福田愛依も登壇した。