新型コロナウイルスの世界的流行で、いままでと違う夏を過ごしていた、日本全国の子どもたちから笑顔をテーマにイラストを募集。松任谷由実の楽曲「守ってあげたい」(作詞・作曲:松任谷由実/編曲:松任谷正隆)と共に編集し、一般公開(YouTube、Instagram、Twitter等)する「77億人えがおプロジェクト」に、約1万点のイラストが寄せられた。

【写真】「守ってあげたい」を歌う松任谷由実

 この企画を発案したのは、全国50をこえる自治体が参加している“みんなの応援村”の実行委員である音楽プロデューサーの松任谷正隆氏と放送作家の小山薫堂氏。新型コロナウイルスの感染予防のため、人との距離を常に意識しながらの生活を強いられている今、子どもたちのために何かできないかという思いからはじまった。「ソーシャルディスタンスで離れた距離だけ、笑顔で」この言葉をキャッチコピーに、未来を担う子どもたちのたくさんの笑顔を、日本国内はもとより、国の垣根を越えて歌と共に広げていく、夢のあるプロジェクトだ。

 新型コロナウイルスと向き合い、新しい生活で頑張る人々を応援・支援していくウィズコロナ・プロジェクト「みんなでエール」を展開中のNHKでは、連動番組『77億人えがおプロジェクト』の放送が決定。総合テレビで16日(前10:45~10:50)放送。番組ではプロジェクトの主題歌である「守ってあげたい」と共に、子どもたちが笑顔のイラストを描くワークショップの模様を紹介する。