テレビ朝日系で9日に放送開始した新ドラマ『24 JAPAN』(毎週金曜 後11:15~※一部地域を除く)。このドラマは、世界的大ヒットシリーズ『24』初の日本版リメイク作品となるが、テレビ朝日、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」の三社共同プロジェクトとして、地上波では見られない“『24』史上初”のオリジナル・サイドストーリーを含めた配信スペシャル版も制作。このほど、ABEMAから第1話の配信スペシャル版の反響が届いた。

【動画】ORICON NEWS読者へ唐沢寿明からコメント

 『24JAPAN』では、オリジナル版のシーズン1をベースに、唐沢寿明演じる日本版ジャック・バウアー、獅堂現馬(しどう・げんば)が、仲間由紀恵演じる日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら)の暗殺計画を阻止するという極秘任務に挑む“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を描く。

 「ABEMAビデオ」で9日より配信された第1話の配信スペシャル版では、総選挙を目前に控えたある日、桜田ひより演じる獅堂現馬の娘・美有と柳美稀演じる函崎寿々が喫茶店で出会い、とあることをきっかけに心を通わしながら徐々に距離を縮めていく様子を描いた日本版独自の“サイドストーリー”が登場。

 自由奔放な寿々に憧れとシンパシーを感じた美有は、ずっと自分の中で押し殺していた“本音”をそっと寿々に打ち明けることに。“親友”との出会いに心躍らせる美有と寿々。しかし、そんな2人の様子を伺う人物が…。

 元祖『24』は、1話1時間で24時間リアルタイム進行が最大の特徴であるため、過去の出来事を回想している暇がない。配信スペシャル版では、回想シーンなどを加えて、ストーリーやキャラクターを補完していく。視聴者からは「オリジナル版を見ていてもドキドキしてしまった…。来週も期待」、「オリジナルストーリー素晴らしかった。本編の深みが増す」「キャストが豪華! 」「オリジナルを忠実に再現してくれて24ファンとしては嬉しい 」「配信スペシャル版も楽しみになってきた!」といった今後の展開に期待を寄せる反響が寄せられたという。元祖『24』では描かれていない、全く新しい物語にも注目だ。

 ABEMAでは、配信スペシャル版の第1話から第3話は無料視聴できるほか、毎日24時(深夜0時)にその週の最新話を無料リニア配信中(※毎週金曜日のみ深夜1時24分から放送)。ABEMAプレミアムでは、地上波放送後より全話の見逃し視聴やキーファー・サザーランド主演の元祖『24』のシーズン1から4までも配信中。