作曲家の筒美京平(本名:渡邊榮吉)さんが今月7日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため自宅で亡くなったことが12日、分かった。80歳。筒美さんとのコンビで多数のヒット曲を生み出した作詞家の橋本淳氏は、ORICON NEWSの取材に「無事に平和に静かに旅立たれた」と追悼コメントを寄せた。

【画像】『筒美京平HITSTORY』新装復刻

 筒美さんの病気について「長い間、患っていて、頑張っていた」と明かし、「無事に平和に静かに旅立たれた。ご家族も音楽とは関わりのない方なので、静かに暮らしていってもらいたいです」と筒美さんの家族への思いを語った。

 筒美さんと橋本氏のコンビは、筒美さんの作曲家デビューとなった「黄色いレモン」(1966)をはじめ、日本レコード大賞作曲賞を受賞のいしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1969)、野口五郎「青いリンゴ」(1971)など多数のヒット曲を生み出した。

 筒美さんは1940年5月28日、東京生まれ。レコード会社勤務を経て作曲家デビュー。1971年に尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」、79年にジュディ・オングの「魅せられて」でレコード大賞を受賞したほか、多数の日本を代表するヒット曲を作曲し、生涯で3000曲弱を手がけた。

 代表曲は太田裕美「木綿のハンカチーフ」(1975)、近藤真彦「スニーカーぶる~す」(1980)「ギンギラギンにさりげなく」(1981)、NOKKO「人魚」(1994)、小沢健二「強い気持ち、強い愛」(1995)、KinKi Kids「やめないで,PURE」(1999)、TOKIO「AMBITIOUS JAPAN!」(2003)、アニメ主題歌「サザエさん」(1969)など。