おジャ魔女どれみ20周年記念作品の映画『魔女見習いをさがして』(11月13日公開)では、3人のヒロイン(ソラ・ミレ・レイカ)が使うバックとして、「一澤信三郎帆布」「サマンサタバサ」「MILKFED.」とコラボレーション。そのコラボバッグが発売されることになった。3人が劇中で、「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡る中で実際にコラボバックを使用している場面カットも新たに解禁された。

【動画】名曲「おジャ魔女カーニバル!!」あの魔女っ娘も登場

 愛知県出身・大学4年生のソラが使用するのは、創業1905年の京都の老舗かばんメーカーである一澤信三郎帆布のかばん。映画オリジナルカラーの若草色が爽やかな本かばんは一点一点が職人の手作り。

 東京で一流貿易商社に勤めるキャリアウーマンのミレが使用しているのは、サマンサタバサ。同ブランドの中でも人気シリーズのサマタバトートが「おジャ魔女どれみ」デザインで登場。付属のサークルポーチに、変身アイテムの1つ「見習いタップ」が目をひくオリジナルデザインのトートバックとなっている。

 広島出身のフリーター・レイカが使用するのは、カジュアル女子の定番ブランド・MILKFED.とのコラボリュック。「おジャ魔女どれみ」をモチーフにしたピンクのアクセントとおジャ魔女どれみ20周年記念のチャームがついている。

 また、劇中に登場するバックのほかにも、「どれみ世代」のファンに向けたコラボアイテムが3ブランドからそれぞれ発売。一澤信三郎帆からは、ミニトートバック。サマンサタバサからは、ロゴモチーフポーチにチャームなど、MILKFED.からは描き下ろしデザインのキーホルダーにミニトートなど。販売スケジュールや詳細は各ブランドの公式サイトをチェック。