劇場版『「鬼滅の刃」無限列車編』(16日公開)の東京スカイツリー点灯イベントが11日、同所で開催され、炭治郎役の花江夏樹、禰豆子役の鬼頭明里、善逸役の下野紘、伊之助役の松岡禎丞、TV アニメシリーズに続き本作の主題歌「炎(ほむら)」を歌うアーティスト・LiSAが参加した。

【動画】アフレコ現場について語る炭治郎役・花江夏樹

 花江は炭治郎について「優しい心。心がきれいで真面目で真っ直ぐで折れないところが尊敬できる」と話し「禰豆子を人間に戻したい。家族のために鬼を討つというところは曲げないように意識しました」と振り返った。劇場版については「予告編は本当に映像も音楽もすべてすばらしい。早く劇場で見たいと思える内容だった。今から楽しみ。ただ、予告編じゃ伝わりきれない魅力がすごくある。とにかく見ていただきたい」と心待ちにしていた。

 テレビシリーズから約1年ぶりの全員そろってのアフレコ。花江は「いいアフレコだったと思います。役者通しの化学反応と言いますか、一人が本気を出したものならそれを上回るような勢いで『演技してやろう』『叫んでやろう』という気合いがみなさんにあった。それがぶつかり合って出来たものが無限列車編だと思っています」としみじみ。そして「我々も一ファンとしての気持ちがあったので、これは気合いがより入りました。若干、緊張しました。久しぶりに『水の呼吸!』と言えるかな、みたいな。でも、やっぱり身体に染み込んでいましたね」と笑顔を見せていた。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。

 昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、“無限列車”に乗り込むシーンで“竈門炭治郎立志編”の物語が完結。最終話からつながる劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開。炭治郎たちが任された新しい任務は、煉獄とともに短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”を捜索する。