大阪・難波を拠点とするアイドルグループ・NMB48が結成10周年を迎えた9日、NMB48劇場で『結成10周年特別公演』を開催し、期ごとのメンバーによる歌とトークなどで記念日を盛り上げた。終盤には24thシングル「恋なんかNo thank you!」(11月18日発売)の選抜メンバーも発表され、決意を新たに11年目に突入した。

【写真】10周年を迎えた1期生の吉田朱里&白間美瑠「制服が邪魔をする」

 劇場のモニターに映し出されたVTRで24thシングルのタイトルと発売日、選抜メンバーが次々と発表され、選抜18人がステージに登場した。

 今作が卒業シングルとなる吉田朱里は、キャリア10年で初のセンターに指名された。「これまでシングルセンターは自信がなくて、口には出せなかった」と明かしつつも、「10周年の節目、自分にとって最後のシングルでセンターをやらせてもらえるのはうれしくて、幸せ。力を振り絞ってフレッシュに頑張りたいと思います」と意欲を見せた。

 2作ぶりに選抜に復帰した塩月希依音は「気を引き締めて頑張っていきます」と意気込み。11作ぶりの石田優美は「選抜復帰するというのを目標にしてきた」といい、「みんなを引っ張っていける存在になっていく」と決意表明。初選抜の安部若菜は「ノリに乗って、調子には乗らずに頑張りたい」と気を引き締めていた。

 特別公演では期ごとにパフォーマンスしていき、ラストは1期生の吉田と白間美瑠が2人で「制服が邪魔をする」を披露。「10年経ったなぁ」としみじみ振り返る2人に、客席から拍手が贈られた。公演中には、2011年にNMB48劇場に来場したこともあるニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手からの祝福コメントも紹介された。

 キャプテンの小嶋花梨は11年目に向け「先輩たちも円陣にしていたメッセージ『One for All、All for one』の気持ちで、心を一つに頑張っていきます」と決意表明。NMB48は10月23日に10周年記念コンサート『NMB48 10th Anniversary LIVE ~心を一つに、One for all, All for one~』、24日昼に5期生以降のメンバーが出演する『NMB48 次世代コンサート ~難波しか勝たん!~』、24日夜に吉田朱里の卒業コンサート『さよならピンクさよならアイドル』をいずれも大阪城ホールで開催する。

■NMB48 24thシングル「恋なんかNo thank you!」選抜メンバー
吉田朱里(センター)/白間美瑠/村瀬紗英/渋谷凪咲/梅山恋和/山本彩加/上西怜/山本望叶/小嶋花梨/横野すみれ/加藤夕夏/安部若菜(初選抜)/塩月希依音/川上千尋/安田桃寧/新澤菜央/原かれん/石田優美