俳優の妻夫木聡、ディーン・フジオカ、女優の吉高由里子、中村アンが10日、都内で行われた11日スタートのTBS系日曜劇場『危険なビーナス』(毎週日曜 後9:00)の制作発表会見に出席した。

【写真】中村アン、ディーンフジオカらも登壇した発表会の模様

 同作は、ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説をもとに、正義感が強い獣医の主人公・手島伯朗(妻夫木)が突然現れた「弟の妻」を名乗る謎めいたヒロイン・矢神楓(吉高)とともに、失踪した異父弟・矢神明人の行方を追ううちに、矢神一族の遺産争いに巻き込まれていくストーリー。妻夫木が民放連ドラの主演を務めるのはフジテレビ系『若者たち2014』以来6年ぶり、TBSのドラマに出演するのは主演した『オレンジデイズ』(2004)以来、16年ぶりとなる。

 今回初共演となった妻夫木と吉高。第1話では吉高からビンタを受けるシーンがあり、妻夫木は「テストの時までは『そんなには(強く)いかないですよ~』みたいな雰囲気だったのですが、本番が始まったらすごい『バチン!』と、思いのほか思いっきりビンタをされまして…」と驚いたと告白。

 ビンタは利き手とは逆の右手でしたそうで吉高は「その時、バッグを左手で持ってしまっていたので、持ち変える感情でもないし、何回も(ビンタを)やりたくないので『一発決めしたい!』と思って、『えいっ!』とやったらバコーンって…。丁度いい感じの思い切りの強さで入ってしまって」と話し「(利き手じゃなかったため)加減がわからなくなってしまって」と笑わせた。

 続けて「(ビンタをした瞬間)『ヤバイ!』と思ったのですが、『もう2回もやってられるか!』と思ったので、そのまま強引にやり続けましたね。『入ったな~』という自覚はありましたね」と照れると、妻夫木は「思い切りやってもらえた方が、僕たちも芝居としては感情が入りやすいので、すごい“愛ある一発”みたいなのはうれしかったです」とフォローした。