俳優の木村拓哉が、20日から放送を開始する『マクドナルド』新CM「ヤベェよ、ダブチ!」ハミダブチ篇、「ヤベェよ、ダブチ!」トリチ篇、「ヤベェよ、ダブチ!」3商品篇に出演する。

【写真】父・木村拓哉が撮影!Koki,&Cocomiの“おそろいコーデ”姉妹ショット

 10月21日からマクドナルドの不動の人気メニューであるダブルチーズバーガー(通称:ダブチ)に3種の仲間「辛ダブチ」「ハミダブチ」「トリチ」を、「ヤベエよ、ダブチ!」シリーズとして全国のマクドナルド店舗にて期間限定で販売する。

 マクドナルドのバーガーの中で「ダブルチーズバーガー」が1番好きだと豪語する木村。「ちょいマック」のCM出演で「カッコよくて個性的」と話題になった、2本の指をバンズの上に乗せるバーガーの握り方を、今回の撮影でも惜しみなく実演。背景パネルには木村の手をイメージしたイラストが描かれており、木村はそれを意識したのか、ダブチを握った手をカメラに向けながら、「これ、オレの持ち方なの」と予定になかったアドリブのセリフを披露し、撮影現場を盛り上げた。

 また、離れた位置に座る監督のオーダーを聞きながらも、自身でペースをつかみながら演技を続けていた木村が、数分間に渡る長回しの撮影だったこともあり、「どこでカットになるのかわからないな…」と、やや困り気味の表情を見せるシーンも。「じゃあ、ここでカットしましょう」と監督が声をかけたものの、撮影の区切りとなるカチンコを担当するスタッフが突然のことで対応できず、慌てている様子を見た木村が笑顔で「パチン!」と手を打ってカチンコを代行すると、スタジオに笑いが起きた。

 見るからに辛そうな「辛ダブチ」を食べるシーンの撮影では「いざ!」と、やや気合いが入った様子。独特の握り方からガブリとひと口頬張ると、刺激的な辛さに「あ、辛っ! 辛っ! うん、でもアリ!」と反応。辛さとおいしさを絶妙に表現した表情に、もちろん監督も「OK」の合図。木村はカメラが止まった後、「辛いけどうまいな。あ、これハラペーニョだな…」と小声で「辛ダブチ」を分析していた。

 さらに、お馴じみの「タラッタッタッター♪」の音声収録に臨んだ木村は、低めの声で「トゥルットゥットゥットゥー♪」と口ずさむと、「じゃあテイク 2」「テイク3」と自身でカウントしながら、納得のいく音を探し続けた。テイク17まで進んだところで、木村さんは突然「口笛でもいい?」と提案し、口笛版の「タラッタッタッター♪」も披露。その後さらに数回のテイクを重ね、「これだ!」と納得できる「トゥルットゥットゥットゥー♪」が決まったところで、全ての撮影が終了した。