Mnetのサバイバルオーディション番組『I-LAND』から誕生した7人組グループ・ENHYPENの公式ファンクラブ名が「ENGENE(エンジン)」に決定。9日、グローバル公式ファンコミュニティーフラットフォームWeverseで発表された。

【動画】「ENGENE」発表でファンにメッセージを送ったENHYPEN

 
 「ENGENE」はファンがENHYPENの成長と発展に大事な動力になるという意味と同時に、ENHYPENとファンが遺伝子(GENE)を共有しながら一緒につながり、発展、成長していくという意味を持っている。先月20~24日の5日間で行われたファンクラブ名公募イベントで集まった候補の中から、メンバーが決定し意味を足した。

 ENHYPENは動画内で「これからENGENEの皆さんと僕たちENHYPENが応援しあいながら、カッコいい一つのチームになったらいいと思います。これからいい思い出をたくさん作っていこう」とファンにメッセージを伝えた。

 Weverse ENHYPENコミュニティー入会者数298万、メンバー運営公式TwitterおよびInstagram、TikTokフォロワー100万突破など、デビュー前からの熱い世界的関心はファンクラブ名公募イベントでも立証され、応募件数は約6万7000件に達した。

 ENHYPENはCJ ENMとBig Hit Entertainmentの合作法人であるBELIFT LAB所属で、HEESEUNG、JAY、JAKE、SUNGHOON、SUNOO、JUNGWON、NI-KIによる多国籍メンバー7人で構成されたボーイズグループ。BTS、TOMORROW X TOGETHERが所属する韓国の大手芸能事務所Big Hit Entertainmentと、IZ*ONE、JO1らを輩出した『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んだMnetのサバイバルオーディション番組『I-LAND』にてグローバル視聴者投票とプロデューサーの選択で選ばれた。