人気グループ・V6の井ノ原快彦と関西ジャニーズJr.の道枝駿佑が、親子役として初共演する映画『461個のおべんとう』(11月6日公開)から、本作の集大成シーンのレポートと新場面写真が10日、解禁された。

【動画】井ノ原×道枝が歌う主題歌入り予告が解禁

 本作は渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を、『461個のおべんとう』として映画化。妻と別れ、息子である虹輝と2人で暮らすことになった一樹。虹輝の要望で毎日お弁当を作ることになり、親子は大切な約束を交わす。高校3年間、『お弁当を作る』『休まずに学校へ行く』――。2人は親子の絆を、お弁当を通して紡いでいく。

 解禁になったのは、高校3年間の461個目となる最後のお弁当作りのシーン。井ノ原は、撮影序盤はお弁当作りに慣れていない設定にあわせ、テフロン製の卵焼き器とヘラを使っていた。しかし、最後は取り扱いが難しい銅製の卵焼き器とはしを使って、完璧な卵焼きに挑戦するという難関も待ち構えていた。

 撮影では、あまりに緊張したフードコーディネーターの声が入ってしまうなどのハプニングもありながら、井ノ原が作った美しい卵焼きに、思わず拍手が沸き起こった。ニラの入ったふわふわの卵焼きに、井ノ原は「ここ10年でいちばん緊張したかも」と満面の笑みを見せた。

 さらに、井ノ原演じる父・一樹の息子・虹輝へのいろいろな思いがかけめぐり、その思いを一つひとつお弁当箱に詰めていくかのような、優しい眼差しで表現している場面写真が公開になった。