俳優の福士蒼汰が主演するカンテレ・フジテレビ系5週連続特別ドラマ『DIVER‐特殊潜入班‐』(毎週火曜 後9:00)第4話が13日放送される。兵庫県警に秘密裏に結成された『潜入捜査官チーム』(通称“D班”)のメンバーで福士演じる主人公の黒沢兵悟、元自衛官で、ある真相を追い求めD班に加入した佐根村将を演じる野村周平、ホワイトハッカー・宮永壮一役の浜野謙太、闇医者・皆本麗子役の片瀬那奈、D班の班長として彼らを束ねる伊達直哉役の安藤政信らの和やかな現場の様子が垣間見えるコメントが到着した。

【場面カット】謎のグルメサークルのカリスマを演じる鈴木仁

 夏にかけて神戸を中心に関西で行われた撮影。片瀬は「D班はすごく和気あいあいとした良いチームだな、と思っていました。とにかく暑いなかの撮影だったので『セリフを間違えてNGを出しても、頑張ろう!』って、みんなで支え合って、より絆が深まったと思います。長いシーンも多かったので、みんなで集中してせりふのやり取りをしていましたね」と結束力をアピールする。

 そんな、片瀬と同い年ということもあり、すっかり打ち解けた様子をみせた浜野は「ロケ中もみんなでずーっとしゃべってました(笑)。(野村)周平は、撮影の合間に、自分の車からわざわざ僕が待機するロケ車まで来て、ずーっとふざけてましたよ(笑)」と仲良しぶりを明かし、「ボケたり笑いを誘うセリフを言う役が、D班の中では僕だけだったので、頑張らなきゃなというプレッシャーはありました」と、楽しいながらも責任も感じていたよう。

 そんな個性的なメンバーの中心に立つ福士は「ハマケン(浜野謙太)さんが、すごくムードメーカーになって下さっていたなと思います。ドラマの中でもキャラが立っていますし、D班を盛り上げてくださっているな、と感じました」と感謝。野村も「片瀬さんとハマケンさんがバディみたいな感じで。2人がずっと笑わせてくれたので、助けられましたね(笑)。撮影の合間は、僕と片瀬さんがずっとハマケンさんをいじってました(笑)」と裏側を明かした。

 そんなD班の班長・伊達を演じる安藤は「片瀬さんは、器も大きく、懐もすごく広い感じがして、すてきな方でしたね。ハマケンさんは感覚的な方で、セリフの言い回し方を聞いていて、すごく面白いなと感じました」と、それぞれの印象を語った。

 クライマックス間近の第4話では、百貨店前で爆発事件が発生。近々開かれる重要な国際会議がテロの標的になっているのでは、と兵悟たちD班はテロに関与した疑いのある貿易会社社長・渡辺和之(戸田昌宏)に接近。兵悟と佐根村将(野村周平)は早速、社員になりすまして渡辺の貿易会社に潜入し、D班の極秘捜査が始まる。危険と隣り合わせの潜入捜査で、毎回ハラハラドキドキの展開を巻き起こすD班。彼らが一堂に会するアジトでのユーモアあふれる掛け合いにも注目だ。