読売テレビは8日、新型コロナウイルスの感染防止の観点から、毎年恒例の音楽特番『ベストヒット歌謡祭』の今年度の開催は困難と判断し、中止することを発表した。

【写真】これまで司会を務めてきた宮根誠司&橋本マナミ

 年末音楽特番唯一の関西発となる同番組は、毎年11月に大阪城ホールからの生放送で、その年に活躍したアーティストが多数出演し。司会は宮根誠司と橋本マナミが務めてきた。

 同局は今年の開催に向けて「コロナウイルスの感染が続く中、視聴者のみなさま、観客の方々、出演者、スタッフの安全を第一に考え、開催の方法について様々なケースを想定して」最善策を模索し続けてきた。

 しかし「安全性を十分確保できなくなる事態が予見されること、多くの出演者、スタッフの東阪をはじめとした長距離移動が感染リスクにさらされる可能性もあること等を考慮し今年度の開催は困難と判断し、休止する事に決定いたしました」と説明した。

 来年以降の『ベストヒット歌謡祭』を「多くの方々と作り上げ、ご覧いただくための苦渋の決断であるとご理解下さい。コロナに打ち勝ち、再び関西の地からアーティストの歌声・パフォーマンスをみなさまにお届けすることができると信じています」とコメントした。