人気グループ・乃木坂46の山崎怜奈が、6日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(月~木 後1:00)に生出演。今月1日よりスタートした同番組だが、オープニング、曲の合間のトーク、ゲストを迎えてのコーナーなど、落ち着いた雰囲気で昼間の雰囲気とマッチした進行ぶりを見せた。

【動画】新番組への意気込みを語った山崎怜奈

 冒頭では「きのうの夜に洋服屋さんの通販サイトを見ていて、ほしいコートが見つかったんですよ。リバーシブルで、これなら、着ぶくれとか防げるんじゃないかと思ったんですけど、色がこげ茶でして。ベージュだと完全に家のテディベアと同じで『私、熊になる』って思って(笑)。お店で着てみてから決めようかと思います…っていうわけで余談でした」と軽快にトーク。

 chelmicoの「GREEN」が流れた際には「髪の毛ぼさぼさ アイラビュー」との歌詞に注目し「ちなみに私の休日、前髪をポムポムプリンのピンでとめています。絶対に見られたくないな(笑)。ズボラな1日もいいですよね。みなさん、週末を目指して頑張っていきましょう」と呼びかけるなど、自身のことも踏まえた話を披露した。

 この日、リスナーから募集したテーマは「SNS、よ~く考えてから投稿する?SNS上のトラブル徹底調査!」。山崎は「ツイッターって、直接口に出しては言えないけど、感情まかせに書くようなこともあると思います。書くまでもないことが火種になってしまったり。SNSにまつわる誹謗中傷の問題とか聞くようになってきましたよね」と話しながら、リスナーからの体験談に深く共感していった。

 ゲストコーナーに登場したビッケブランカとは、飾らない性格でフランクに会話をしていきながら、魅力を引き出していった山崎。SNSをテーマにした投稿結果が集計されると「イライラをどこかに出したい、発散したいのもすごーくよくわかる。怒りの感情の矛先の向け方によっては、人を傷つけかねないなと思います。できれば、考えて投稿したい。怒りの感情の投稿をあとで落ち着いた後に見ると、それが復活してしまうかもしれないリスクも考えたら、できれば最初から考えて投稿したいな」と言葉に力を込めていた。

 あす8日の放送には、アルコ&ピースがゲスト出演を果たす。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。