女優の白石聖が、10日放送の東海テレビ・オトナの土ドラ『恐怖新聞』(毎週土曜 後11:40)最終回を前にクランクアップを迎えた。“恐怖新聞”と関わったことで悪夢のような日々をおくる女子大生・詩弦(白石)を主人公とした新感覚ルール系ホラー。実家でもある喫茶店内での母・歌子(黒木瞳)とのシーンで撮影を終了させた白石は、スタッフが拍手するなか、中田秀夫監督から花束を贈られた。

【写真】役作りで白髪にチェンジ…黒木瞳もクランクアップ

 白石は撮影を振り返り、共演の佐藤大樹について「はすごく気遣いができるうえに“人に気を遣わせない優しさ”を感じる人」といい、「メイク室とかでもムードメーカーで、太陽みたいな人だなと思いました。撮影初日の佐藤さんと2人のシーンでも、体調の変化に気づいて声をかけてくれました。佐藤さんの気遣いにはすごく感謝しています」とサポートに感謝。

 「1話からずっと見てくださった方、最終話も怒涛の展開と予想を裏切るようなクライマックスになっていますので、詩弦がどうなっていくのか、また他のキャラクターたちが、その先どうなるのか、最後までケレン味たっぷりの『恐怖新聞』をぜひ見届けてください!」と結末への期待をあおった。

 一方、ひと足早くクランクアップした佐藤は「今まで演じた青春モノや恋愛モノの作品と違って、今回はリアルな意味でも2役、感覚的には3役ぐらい演じている気分。人との出会い、取り巻く環境、恐怖によって『人がこんなに変わってしまうんだ』っていうのを自分もやっていて楽しかったですね」と新境地に手応え。

 中田監督の独自の演出や殺陣なども経験し「俳優業として自分が思った数倍ステップアップできたと思います」と胸を張る。「監督によって演出方法が違うなかで“順応できるスキル”も身に付けられ、黒木さんのようなベテランの女優さんとの“演技のキャッチボール”という面、そして年下の白石さんの“主演・座長として凛として立つ現場の姿”を近くで見ることができ、勉強になりました。自分にとってターニングポイントとなったドラマです」とコメントした。

 今作ではホラーということもあり、例えば第2話では遺骨を食べ、第6話ではすりこ木で剣道の面を打つように振りかぶって、佐藤を殴ったうえに、娘に「ちょっと待って、もう少しで殺せるから」と言ったり、「地獄に落ちな、クソ坊主」のせりふなどありえないことのオンパレードに挑戦したのは黒木。

 「プロデューサーが最初におっしゃった『3K(恐怖、ケレン味、共感)』というものを視聴者の方に提供できたなと全編演じてみて腑に落ちた感じはしております。自分の出番だけじゃなく、大変個性的な面々のたくさんのご苦労があり、それらがうまく絡み合って『恐怖新聞』という作品ができあがっています。最後までツッコミながら見てください」とアピールした。