来年、デビュー40周年を迎える中井貴一が主演するWOWOW『連続ドラマW 華麗なる一族』(2021年放送予定、全12話)のティザーポスターが解禁された。

【写真】山崎豊子『華麗なる一族』(新潮文庫)

 2016年、開局25周年記念として放送された、山崎豊子原作の『連続ドラマW 沈まぬ太陽』。そして、21年、開局30周年を迎えるWOWOWでは、同じく山崎豊子の傑作小説を原作にした『連続ドラマW 華麗なる一族』の制作を発表。大阪万博を間近に控えた日本の高度経済成長期、富と権力獲得の手段として、関西の政財界で閨閥(けいばつ)を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、一族の繁栄と崩壊を描く。

 脚本は、『連続ドラマW 沈まぬ太陽』も手掛け、人物描写を丁寧に重ねていく幹の太いシナリオに定評のある前川洋一。監督は、映画『劇場 版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』や数々の名作ドラマを手掛けた西浦正記が務める。

 ティザーポスターは、来年還暦、中井が演じる本作の主人公・万俵大介の、無言の圧力さえ感じさせる、インパクトのある1ショット。「欲望に、限りはない。」というコピーは、壮大な野望を成し遂 げるために非情とも思える計画を練る万俵を表し、財閥を率いる総帥の屈強な魂を感じさせ、貫禄もたっぷりだ。