人気グループ・乃木坂46の山崎怜奈が、6日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(月~木 後1:00)に生出演。今月1日よりスタートし、きょうで3回目を迎えたが、この日も軽快なトークと、ラジオ愛あふれる選曲でリスナーの心をつかんだ。

【動画】新番組への意気込みを語った山崎怜奈

 冒頭のトークでは「冷蔵庫の中に入っているもので、パッと手料理が作れるの憧れるな」と切り出した上で「私はまだそこのところには達しておりません。実は冷蔵庫を買い換えまして。今までは自分の鎖骨よりも全然低い冷蔵庫を使っていたんですけど、ようやく自分の身長を超えました」と独特な表現を交えながら報告。「入るようになったんです。いっぱい買ったお野菜とかね、でも中身はすっからかんで…」と軽快なトークを繰り広げた。

 ラジオ好きで知られる山崎だが、ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水曜 深3:00)のオープニングで流れるAvicii「Waiting For Love」が選曲された際には「佐久間さんですね! 私も大好きな」とさり気なく曲紹介。SNS上では「佐久間さんの声が聞こえてきそう」「れなち(山崎の愛称)、佐久間さんも聞いているんだ」「佐久間さんの声が脳内再生される」などの感想であふれ、局の垣根をこえたかけあいに好意的な声が相次いでいた。

 学業とアイドルを両立するなどグループ随一の努力家で知られ、全国各地のラジオをチェックするほどラジオ好きな山崎が、今年3月に大学を卒業し社会人1年目の年に、レギュラーラジオの冠番組に初チャレンジ。乃木坂46メンバー初の帯番組となる。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。