俳優の北村匠海、ブラザートムが6日、都内で行われた『とんかつDJアゲ太郎』(30日公開)のイベントに出席した。

【動画】ブラザートムが語る 「”エンタメ”が衰退しないように!」

 同作に出演していた伊勢谷友介被告が、大麻取締法違反罪で起訴された。ブラザートムは「口に出せること、出せないこともいっぱいある中、こうやって公開できること、これは本当によかったことだと思います」と心境を吐露。「今はエンタメが落ち込んでいます。1本でも映画を配信できること、本当にいいことだと思います。スタッフの方々、ありがとうございます」と語った。

 出演者が不祥事を起こした際、その作品が“お蔵入り”になることも珍しくない。締めのあいさつでも「今、DJをやっているクラブ、エンタメがいろんな面でよくない状況になってます。これがある事件があって、一本目に出る映画として皆さんに見ていただけることになる。でも出来る限り、エンタメが衰退していかないようにしていきたい。これが一本目でも、コロナ禍で公開できることをうれしく思います」と心境を明かしていた。

 主演の北村も「僕も音楽と芝居をやってる者として、今のエンターテイメントがどんな状況なのか、いろいろ考えながら過ごす日々ではありました」と振り返りながら「こんな状況の中で、音楽、笑い、そして人間の成長というモノが描かれた映画を出せること、このメンバーで胸を張って『面白いぞ!』と言えることが幸せに思います」と噛みしめるように話した。

 物語の舞台は、渋谷にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。アゲ太郎は三代目の跡取り息子だが、父・揚作のもと、キャベツの千切りの毎日。ある日、弁当の配達で渋谷のクラブに行くと、音楽にあわせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を体感。さらに、そこで出会った女性・苑子に一目ぼれ。お調子者のアゲ太郎は“とんかつ”も“フロア”もアゲられる男「とんかつDJアゲ太郎」を目指すことになっていく。

 『渋谷の中心でとんかつ愛を叫ぶ presented by映画「とんかつDJアゲ太郎」』と題して行われた同イベントにはそのほか、山本舞香、伊藤健太郎、加藤諒、浅香航大、栗原類、DJ KOOが参加。DI KOOのDJプレイに合わせて登場したキャスト陣は、リモート中継で参加した129(いい肉)人のファンとともに、とんかつを試食していた。