人気グループ・嵐の大野智、櫻井翔が、7日からYouTubeで公開されるJALグループの安全・安心の取り組みを紹介するWEB動画『安全・安心の取り組み 嵐篇』に出演。動画では2人がJALの格納庫、オフィスに潜入取材。飛行機の機内やバックオフィスで、感染症拡大防止に向けた取り組みをJAL社員から教わりながら、説明やデモンストレーションを真剣に聞きコミュニケーションを交わしている。

【写真】大野智が描いた緻密なペン画

 撮影では実際の機体に入り、整備士から、機内の空気循環の説明や消毒作業などの実演を受け、時折うなずきながら真剣な表情で聞き入る。櫻井は、機内で自分たちができる事として「なるべく手荷物を少なくすれば、(接触機会が減少するため)感染リスクを下げる事ができるんですね」と納得。客室オフィス内のCAとのミーティングでは、お客さんとのコミュニケーションにおけるこだわりや心構えも聞き、想像以上の対策に関心しきりだった。

 また大野は、機内サービス用のビニール製のガウンを試着し、「自分も守られている感じがするし、お客さんも安全も守られるだろうな」とコメント。その他にも、非接触でお客様対応ができる『JETくん』や『非接触端末』を体験した櫻井は「利用者もスタッフも双方の感染リスクを減らすことができる」と身をもってその徹底ぶりを実感していた。

 続いて、2人は格納庫へ移動。機体のお腹部分にアマビエがペイントされた『アマビエJET』を前に、大野が「なんでこんなところにアマビエが…?」と不思議そうな表情を浮かべる。コロナ収束への願いと、空を見上げた時に少しでも笑顔を届けたいという社員の想いを聞いて櫻井は「みんなが前向きになれるといいですね」と共感する。

 最後に機内を再現した訓練施設では、今年入社した新入社員の訓練の様子を見学した。サービスの基本的だけでなく、安全・安心の訓練に取り組む新入社員を見て「こうやってスキルが引き継がれていくんですね。早く実際の飛行機デビューができるといいですね!」とエールを送っていた。

■JAL公式YouTube
https://www.youtube.com/user/japanairlinesjp