人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義(35)が新型コロナウイルスに感染したことを受け、濃厚接触者に該当していた丸山隆平(36)が6日より、活動を再開した。同日、所属するジャニーズ事務所が発表した。

【写真】関ジャニ∞がお人形に?『GR8EST BOY』たち

 事務所は公式サイトで「弊社所属タレント丸山隆平(関ジャニ∞)につきまして、本日より活動を再開いたしますことをご報告申し上げます」と伝えた。「丸山は、9月23日にPCR検査の結果、新型コロナウイルスへの感染を確認いたしました大倉忠義(関ジャニ∞)の濃厚接触者に該当しておりましたが、保健所よりご指導いただきました2週間の隔離生活を経て、体調に異変はないこと、また、それに加えて期間中に二度実施いたしましたPCR検査も陰性であったことから、活動を再開することといたしました」と経緯を説明した。

 続けて「改めまして、この度は皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「大倉につきましては、活動再開の際に、改めてご報告申し上げます。弊社といたしましても、引き続き感染予防対策を行い、安全の確保に努めてまいります」としている。

 ジャニーズ事務所は9月24日、大倉が新型コロナウイルスに感染したことを発表しており、大倉以外のメンバーとマネージャーについては、PCR検査の結果、全員陰性であると確認。事務所は大倉の症状の経緯について「9月20日夜、倦怠感はあったものの発熱はなかったことから様子を見ておりましたところ、9月21日朝には37.5度の発熱がありましたため、PCR検査を実施した結果、9月23日に陽性であることが確認されました」と報告した。

 保健所の指導により、「発症日である9月20日から10日間の療養期間を目安に経過観察することとなりました」と説明。また、メンバーの丸山隆平とマネージャー1名が濃厚接触者に該当したが、23日、PCR検査を実施したところ、ともに全員陰性と診断。その上で「メンバーの丸山とマネージャー1名につきましては、濃厚接触者に該当していることから2週間の隔離生活により、経過を観察することとなりました」と伝えていた。